はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

急増する火災事故!意外な原因はノートPCやモバイルバッテリー

f:id:hatemani:20170714123646p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

もうあと数日で8月に突入ですね。8月になると本格的に夏!という感じもあり、旅行など

外に出かける機会も多いかと思います。

今回はそんなおでかけのときに気をつけておきたいニュースを見つけたのでそれについて

お話ししようかと思います。

 

news.livedoor.com

www.asahi.com

 

 

急増する火災事故

原因はノートPCやモバイルバッテリーなどの発火

 

  

ニュースによると、外出時に持っていく機会が多いノートPCやスマートフォン、充電で

利用するモバイルバッテリーによる火災などの事故が多発しているとのこと。

 

製品評価技術基盤機構『NITE』の発表によると2012年から5年間で274件も

この関連事故が発生しており、なかには重いやけどを負った事故もありました。

 

 

 

 

ノートPCやモバイルバッテリーなどの事故内容

 

ノートPCやモバイルバッテリー・スマートフォンによる事故は先程も書きましたが

2012年度から年々増加していき、5年間で274件あった事故の約7割は製品自体や

その周囲が焼けてしまう火災などが起きています。そのためこの事故に遭遇した場合、

カナリの高確率で火災事故につながる可能性があることが分かります。

 

ここ最近季節的な関係もありますが火災事故が多発していることを考えると、発火原因が

どんなものか気になるところです。

 

 

発火の事故原因はリチウムイオンバッテリー

 

ノートPCやスマートフォン・モバイルバッテリーの多くはリチウムイオンバッテリー

というバッテリーが使用されています。その使用理由には近年小型化や高機能化が進む

モバイル機器にリチウムイオンバッテリーの特徴である高容量で軽量がマッチしていた

ことが考えられます。

 

ではこのリチウムイオンバッテリーがどのようにして火災事故につながるのか。なかには

意外な事故原因もあったので安全のために最後まで読んでもらえればと思います。

 

 

 

 

 

発火の事故原因の多くは製品不具合によるもの

 

『NITE』から公開されている資料によると、274件の事故のうちノートPC・

モバイルバッテリー・スマートフォンの火災事故件数の割合は大体4:4:2くらい

なっていました。

 

このことから特にノートPCとモバイルバッテリーが危ないことが分かりますが、発火

事故の原因は製造時点での不具合によるもの・・・なかには回収や交換が呼びかけられて

いるリコール対象製品だったものも多くありました。

 

これに関してはユーザー側が現在利用している製品がリコール対象製品であるか確認して

対処することで事故を防ぐことが可能です。

 

 

発火事故の意外な事故原因

 

もともと製品の不具合による事故とは別にユーザーの誤使用や不注意によって発火した

事故もありました。その内容は個人的にすごく意外なものとなっており、普段これらを

持ち歩いているユーザーであれば誰でも起きそうと感じてしまう内容でした。

 

その内容というのが落としたり分解したりすることで起きた発火事故です。分解については

個人的には素人なりに理解できるのですが、落とすことが発火事故の原因になるのは

ものすごく意外でした。その発火事故につながる理由としてはNITEのホームページ

内のプレスリリースで以下のように注意喚起と一緒に記載されていました。

 

リチウムイオンバッテリーは外部からの衝撃で内部ショートが発生する場合があります。

リチウムイオンバッテリーを搭載した製品を落とす、ぶつけるなどは行わないよう十分

注意してください。外部からの衝撃を受けて変形などを生じた場合には、購入店、または

製造・輸入事業者へ継続使用が可能か相談してください。

 

出典:

 急増!ノートパソコン、モバイルバッテリー、スマホの事故
~リコール製品や誤った使い方に注意しましょう~

http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2017fy/prs170727.html

 

つい不注意で物を落としてしまうというのは誰でも起きうる行為です。そのことからも

普段から物の取り扱いについて改めて注意する必要がありますね。

ほかにも事故事例などがプレスリリースに詳細が記載されていますので、もっと詳しく

内容を知りたいという方はそちらをチェックして見てください。

 

 

 参考:

www.nite.go.jp

 

 

まとめ

 

今では多くの方が利用しているモバイル機器ですが、ちょっとしたことでも事故につながって

しまうということに改めて驚きました。普段身近な存在である分、軽い扱いになってしまい

がちですが実はものすごく気をつけなければいけないことを反省した、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム