はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

増加するミニマリスト!必要最小限だからこそ減るモノ・増えるモノ

f:id:hatemani:20170829162035p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

今日は早朝から緊迫したニュースにいろいろ思った方は多いかと思います。

天災も人災もできるだけ避けて生きたいと考える自分ですが、来てしまうときはどうしようも

ないのでそのとき自分はどうするかをあらかじめ決めておかないといけないと感じました。

 

今回はそんなこれからをいろいろ見直す上で勉強になったニュースについてお話ししよう

かと思います。

 

news.livedoor.com

 

 

増えるミニマリスト

自分にとって大切なモノは何か?

 

 

ニュースでは『ミニマリスト』という方々の行き方について紹介されており、ミニマリストが

増えた背景について掲載されていました。

 

自分はミニマリストという言葉は最近初めて知ったものの、そういう価値観を持つ人が

増加傾向にあることはテレビなどで知っていました。自分もこのミニマリストの価値観は

「なるほど」と思うことが多かったので改めてミニマリストについて調べてみました。

 

 

 

 

ミニマリストという選択で減るモノ・増えるモノ

 

ミニマリストとは持ち物を必要最小限まで減らし、必要なものだけで暮らす新しいライフ

スタイルのひとつです。最小限のという意味を持つ『ミニマル(minimal)』から

派生してできた造語で2010年から海外から広まった後に日本にも広まったとのこと。

 

 

ミニマリストが増えた背景

 

ミニマリストが増えた背景として現代では当たり前のようになった物量の問題があります。

いまでは多くのモノがあふれ、そのモノのあまりの量に埋もれて必要なものが見えにくく

なりました。そんな状態に生きづらさを感じ、自分にとって本当に必要なものを見極めて

楽しく生きたいという方が増えているのです。

 

近年流行った『断捨離』にもを通じる考え方もあり、ちょうど行動中の自分としては

ミニマリストの価値観は共感できる内容でした。

 

 

 

 

必要最小限だからこそ減るモノ・増えるモノ

 

モノが必要最小限ということは物理的にモノは減り、家や部屋で使えるスペースが広く

なります。広々にスペースが使えるというのは開放感もあり、モノで圧迫されているとき

よりも伸び伸びと生活することができます。

 

また、モノが少ないと管理もしやすくなり、モノが紛失することも減ります。というのも

それしか使わない=絶対必要という考えからモノの場所をしっかり把握できるからです。

複数同じようなモノがあれば「なんとなく」しか把握できないことが多く、そのため

「どこにあったっけ?」と場所を思い出せないことが少なくなります。

 

逆にモノを最小限にすることで増えるモノもあります。それは『時間』です。

モノが多くある場合、どれにしようか・どうしようかなど『選択する時間』が必然的に

生まれます。選択肢が多いほど比較に悩み時間は消費されていきますが、少なければ悩む

時間もなくそのモノを選んでいるでしょう。この差はその人の性格にもよりますが、モノの

量によって確実にその人の時間の使い方が変わります。

 

 

 

祖母の死後に感じたモノの扱いについて

 

「モノを減らそう」

ゆるいながらもモノを減らすよう生活している自分が「もっとモノを減らしたい」と感じた

キッカケがありました。そのキッカケは今年亡くなった祖母の存在でした。

 

祖母は数年の介護生活の後に泣くなり、家の整理を両親と叔父叔母たちがやっていたの

ですが「モノが多すぎて大変だった」という話を耳にしました。

要るか要らないかの判断やそのモノをどう処分するかなど、かなり家の整理に時間が

掛かったようです。

 

そのとき感じたのが「モノが多すぎると遺された側に迷惑が掛かる」というものでした。

自分はまだ寿命的に考えるとまだまだ死から離れているものの、今後どうなるか分からない

のが人生です。そういうことを考えると、改めてモノと自分の生活について見直す機会が

来たのではないかとも感じたのです。

 

 

まとめ

 

モノが増えてその分選択できる自由も増えました。しかしその選択肢の多さに悩ませる人も

多くなりました。選択肢は多くあったほうが良いときもありますが、逆に少ないことで

得られることやラクになることもあるということを改めて感じた、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム