はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

デカフェブーム?コンビニでもカフェインレスコーヒーが販売開始!

 f:id:hatemani:20170513101141p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

今日は全国的に雨とのことで昨日までの天気はなんだったんだ!と愕然としている

今日この頃です。まだ梅雨の季節には早いけれど、夏も早いのでもう少し天候が安定

してくれると嬉しいなぁ・・・

 

 

さて、今日はコンビニでもデカフェ・・・カフェインレスコーヒーが販売を開始したと

いうニュースを発見しました。カフェインレスコーヒーは飲む人も増えてきたことも

あって、最近では取り扱うお店が以前より増えてきたように感じます。

 

news.livedoor.com

 

 

ということで、今回はデカフェなカフェインレスコーヒーについて調べてみました。

 

 

 

 

カフェインレスコーヒーの前にまずデカフェについて

 

デカフェはもともとカフェインが含まれている食品や飲み物からカフェインを取り

除いたり、本来はカフェインを添加する食品や飲み物にあえて添加させなかったりする

ことでカフェインが含まれていなくなったもののことを言います。

 

デカフェディカフェ・カフェインレス・カフェインフリーとも呼ばれて、デカフェ

大体カフェインレスコーヒーのことを指すことが多いようです。

 

 

カフェインレスコーヒーって?

 

カフェインレスコーヒーは先程お話ししたとおり、本来コーヒーに含まれているはずの

カフェインを取り除く処理(脱カフェイン)をしたコーヒーのことです。

日本ではここ最近スタバやミスドなどの店舗でカフェインレスコーヒーを取り扱うよう

になってその名前が以前より知られてきています。

 

欧米ではカフェインの摂取を避けたい人たちからカフェインレスコーヒーが日本よりも

広く受け入れられており、市場で約10%も占めているととか!すごい!

 

しかし、カフェインレスコーヒーの多くは脱カフェインの処理によってどうしても

カフェイン以外の成分も損なわれてしまっており、普通のコーヒーよりも味や香りが

劣ってしまっているというウイークポイントもあったりします。

 

 

カフェインレスコーヒーが選ばれている理由

 

コーヒーはもともとポリフェノールが豊富で抗酸化作用も期待されていることから美容

に良いと愛飲している人が多くいらっしゃいました。しかしカフェインレスコーヒーの

登場によって徐々にカフェインレスコーヒーにシフトしている人が見受けられるように

なりました。

 

で、なんでそんなにノンカフェインを選ぶようになったかといいますと、ご存知の人も

多いかと思いますがコーヒーに含まれているカフェインには摂取することで身体にさま

ざまな影響があるからです。

 

カフェインについて

 

カフェインは お茶やコーヒーなどに多く含まれていることで知られている成分です。

その効果は今ではほとんどの人に知られていますが、興奮作用や利尿作用のほかに自律

神経のはたらきや集中力を高めるなどの効果があります。そのため今では日本でも眠気

覚ましや集中したいときにカフェインが含まれているコーヒーを飲むという人が多くの

場所で見かけるようになりました。

 

しかしカフェインはメリットもあればデメリットもあり、貧血胃が荒れやすくなる

ほか、歯に黄ばみが付きやすくなったり妊娠中の場合には流産や胎児へのリスクなどが

あります。

 

また、一部ではカフェインの中毒性によってカフェインを過剰に摂取してしまって

カフェイン中毒やカフェイン依存症などの健康被害が起きたという報告もあります。

そのため、カフェインの摂取量について気にする人たちがカフェインレスを好んで選ぶ

ようになったという話があります。

 

カフェインレスコーヒーを試しに飲んでみたい、という方はインスタントコーヒーで

さまざまな種類が販売されているので少量タイプのものを買ってお試しになっては

いかがでしょうか?

 


マウントハーゲン オーガニック フェアトレード

カフェインレスインスタントコーヒー100g

 

 

まとめ

 

カフェインレスコーヒーは市場が拡大したこととチェーン店での取り扱いが増えてきた

ことから以前より飲むハードルが下がってきたように感じます。 

カフェインには摂取することでさまざまな影響が出てくるので、状況に合わせて普通の

コーヒーとカフェインレスコーヒーを飲み分けるというのも良いのでは?と考える、

くー。なのでした。 

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ