はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

年賀状でつい失敗しまった人に朗報!書き損じハガキの有効活用

f:id:hatemani:20171102083849p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

11月になり、そろそろ年末のことを考え出した人も多いかと思います。

ニュースでも年賀状サイトの公開などを取り上げており、早い人だとそろそろ年賀状を書き出そうかという頃でしょう。

年々年賀状を出す人が減っているようですが、今回はそんな年賀状でついやってしまいがちな書き損じハガキの有効活用についてお話ししようかと思います。

 

news.livedoor.com

 

 

ついやってしまった人に朗報!その書き損じハガキ捨てないで!

 

年賀状などのハガキを書くもしくはプリンターで印刷するときに字を間違えたなどミスをした経験はありませんか?

自分も書き間違えや印刷する向きを間違えることがあり、これまでに何枚も書き損じハガキを作ってしまっていました。

ちょっとのことでも失敗した書き損じハガキはその枚分無駄になってしまい、もったいないと思うことでしょう。

 

しかし、その書き損じハガキはそのままゴミ箱行きにしてはいけません。

書き損じハガキは郵便局に持っていくと手数料を払うことで切手やハガキに交換することができるんです。

 

www.post.japanpost.jp

 

 

実際に書き損じハガキを切手に交換してきた

 

f:id:hatemani:20171102101349p:plain

先日おととしなど余った年賀状と書き損じハガキを持って郵便局に交換してきました。

持っていったハガキは一昨年の年賀ハガキ(未使用11枚・書き損じ1枚)とそれよりも前の年賀ハガキ(未使用)1枚です。

その結果、73円の手数料を払って62円切手11枚と交換することができました。

今年喪中なので自分は弔事用普通切手に交換してきましたが、ほかにも交換ができるので日本郵政のホームページを確認してもらえればと思います。

 

 

まとめ

 

普段ハガキを書くことが少ないこともあり、文字を書き間違えたり印刷ミスをしてしまったという経験をしたことがある人は多いかと思います。

そんなときに「〇〇円分無駄にした!」とならないためにも郵便局での交換についての紹介でした。

手数料は掛かるもののハガキや切手などに交換することができるため、今年書き損じハガキを作ってしまったというときに役立ててもらえればと思う、くー。なのでした。

 

  画像提供元かわいいフリー素材集 いらすとや