はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

この熱中症対策がスゴイ!思いやりからの英断自販機に学ぶこと

f:id:hatemani:20170517140920p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

日に日に日中の気温が上昇している気がしますが皆さん体調のほうはいかがでしょうか?

お盆休みもスタートしていろいろやりたいこともあるかと思いますが、体調管理もしっかり

やっておきたいですね。

 

さて、今回はそんな猛暑が続く中、工事現場に置かれた熱中症対策が話題になっていたので

それについてお話ししようかと思います。

 

news.livedoor.com

 

 

まさかの1本50円!

現場作業員に配慮した熱中症対策

 

 

ニュースによると、とある建設現場に『熱中症対策自動販売機』と書かれた自動販売機が

ツイッターに投稿されており、なんとポカリスエットが1本50円で販売されていた

いいます。

 

 

 

 

作業員へのサポートのために始めた熱中症対策自販機

 

この熱中症対策自動販売機、今年の夏から大和ハウス工業が炎天下の厳しい暑さの中で

作業する作業員の方たちのサポートのために設置したといいます。その規模は関東で約

20現場と一部の場所とはいえ、作業員の方たちにとってはまさに天の恵みでしょう。

 

実際にこの熱中症対策自動販売機が設置されている現場のひとつでは1日に1回から2回は

ポカリスエットの補充が必要になるくらいの人気ぶりで、多くの作業員の方たちの救い

なっていました。

 

 

 

口頭注意より効果あり!大事なのは行動しやすい環境作り

 

近年、熱中症による救急搬送は年々数が増す一方です。そのため政府なども熱中症対策を

毎年呼びかけていますが、例年のデータを見るかぎりではなかなか熱中症患者の減少の

兆しが見えないのが実状です。

 

このことからも注意をしていても実際にその対策を取れるかとなるとまた別の問題という

ことが分かります。そのため今回のような熱中症対策を実施しやすい環境づくりは今後の

熱中症対策の改善につながるのではないかと個人的に感じました。

 

作業環境の良し悪しで作業効率が変わるところもありますし、熱中症以外でも環境づくりは

仕事などの成果に直結することを改めて考えさせられました。

 

 

熱中症、甘く見ないでしっかり対策を

 

熱中症は毎年注意喚起がされているものの、残念ながら患者数は増加傾向にあります。

そのため熱中症を甘く考えないで各々しっかり対策をしておく必要があります。以前

熱中症に関する記事をいくつか書いたので、熱中症について知っている人も知らない人も

確認のためにも一読していただけると嬉しいです。 

 

熱中症に関する記事をまとめたリンクページ

www.hatemani.com

 

 

まとめ

 

今回のニュースで紹介した自販機は多くの作業員の方たちが自分から動けるようなつくりに

なっており、こういう対策の仕方もあるんだなぁと個人的に考えさせられました。

熱中症もですが何か行動をしてもらいたいときは行動しやすい環境を作ると良いということを

改めて今回学ぶことができた、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ