はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

「加熱・電子タバコも身体に悪い」たばこ増税問題の矢先の学会発表

f:id:hatemani:20171120150214p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

先日たばこ税が近々増税する記事を書きましたが、そこにまた風当たりが悪くなりそうなニュースが入ってきました。

というのも「従来の紙巻タバコよりも健康的」という理由から新型タバコとして『加熱タバコ』や『電子タバコ』が人気を集めてきたところに日本呼吸器学会が「健康に悪影響をもたらすため、使用は推奨できない」という見解をホームページ上で発表したというのです。

 

 

呼吸器学会の見解発表。加熱でも電子でもタバコは健康被害が

 

ニュースによると日本呼吸器学会はホームページ上のお知らせ部分に【「非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに関する日本呼吸器学会の見解」について】という学会としての見解を公表したのこと。

これまで加熱タバコや電子タバコは「受動喫煙の危険が少なく、これまでのタバコより健康リスクが少ない」などの理由で人気が出てきましたが、実際には加熱タバコや電子タバコでも従来のタバコと同じで本人含め周囲にも健康への悪影響があるというのです。

そのため「加熱タバコ・電子タバコだから」と区別せずに公共の場所での使用は禁止すべきというのが日本呼吸器学会の見解のようです。

 

 

増税にくわえて専門学会からの発表内容に肩身が狭くなる喫煙者

 

先日たばこ税の増税について記事を書いた矢先のこの見解発表に、喫煙者の人たちには更なる(頭が痛いという意味での)衝撃だったのではないでしょうか?

好きなもの・癒しに対してのイメージがどんどん悪くなるというのはタバコじゃなくても心苦しいものですよね。

しかし健康被害の問題から一部仕方ないと感じるのも確かな話ではあります。

そのひとつに今ではいろんな場所で受動喫煙対策がおこなわれていることが一般的になり、公共機関から会社に食事処などで見かけるようになりましたよね。

 

 

 

難しい話ですが人間は本当の意味で独りで生きていけない生き物のため周囲をまったく気にしないで生活するのは簡単なものではありません。

どこかで折り合いを付けて生きていかないといけないという生きづらさを抱えつつ生きていくのが人生です。

ただそれができるだけお互い不快になり過ぎない手段が見つかるかというと、それもまた難しいからこそこのタバコ問題について終わりが見えないのかもしれませんね。

 

続くたばこ税増税と喫煙者・非喫煙者の事情について 

 

まとめ

 

たばこ税の増税が話題になった矢先に日本呼吸器学会からの加熱・電子タバコに関する見解発表は喫煙者の人たちにとっていろんな意味で衝撃的なものだったと思います。

続くタバコの価格上昇に周囲からの視線など、ひとむかし前のことを考えるととても喫煙者の人たちにとって生きにくい環境になった気もします。

しかし周囲のことを考えて行動しないといけないのも確かな話で、今後この折り合いの付け方がどうなっていくのか気になる、くー。なのでした。

 

画像提供元かわいいフリー素材集 いらすとや