はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

おススメキーボード第2弾!PFUのHHKBキーボードの特徴(Happy Hacking Keyboard)

f:id:hatemani:20171112093821p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

今回は少し前に書いたおすすめキーボードの第2弾についてお話ししようかと思います。

以前書いた『REAL FORCE』と似た部分もありますが、今回紹介する『PFU HHKB』もなかなか使い心地が良いおススメのキーボードとなっています。

 

以前書いたおすすめキーボード『REAL FORCE』 関する記事

www.hatemani.com

 

 

おススメキーボード第2弾!PFUのHHKBって?

 

f:id:hatemani:20171112131507p:plain

 

今回紹介するキーボードPFUのHHKBですが正式名称がHappy Hacking Keyboard』

というキーボードです。

単語の頭文字を抜き出して略称されているより正式名称の方がなんか気になるのは自分だけでしょうか?(Happy Hackingって日本語訳すると何か・・・)

 

 

 

HKKBの特徴①キースイッチが静電容量無接点方式のためタイピングしやすい

 

以前東プレのREAL FORCEでも紹介しましたが、HKKBもキースイッチが静電容量無接点方式を採用しています。

そのためREAL FORCEと同様にタイピングをしていても疲れにくく壊れにくいといった特徴があり、打鍵が最高に気持ち良いといった声があります。

ちなみにこの静電容量無接点方式は東プレからOEM供給されており、東プレのREAL FORCEと同じキースイッチが使われています(※HKKB Liteはキースイッチがメンブレンなので注意)

静電容量無接点方式って?

静電容量の変化をスイッチとして利用している一般的にイメージするスイッチとは違うキースイッチ。

電気回路だけで構成されているため、メンブレンなど別のキースイッチよりもかなりの耐久性を備えている。

出典:当ブログ内記事【変えただけでPC疲れ激減!ライター以外にもおすすめキーボード『東プレ REAL FORCE』】より

 

 

HKKBの特徴②コンパクトで持ち運びやすいサイズ

 

HKKBは一般的にイメージするキーボードよりコンパクトサイズになっています。

というのもキーピッチは19.05mmのまま・キー数も必要最低限などにすることで下のA4のクリアファイルの端に合わせた画像のようにほぼA4サイズ半分の状態です。

そのためこのコンパクトさからタイピングをした後のマウスとの持ち替えが早く、使用している知人はHKKB以外のキーボードが使えなくなってしまい自宅だけでなく職場にまでHKKBキーボードを持ち運んでいるくらいの中毒性を感じているとのこと。

 

f:id:hatemani:20171112131535p:plain

この超コンパクト感、慣れるとクセになります。

 

 

HKKBの特徴③日本語配列と英語配列があり、一部のキー配列が特殊

 

コンパクトでタイピングが楽しくなるHKKBですが、良いこともあれば気になるところもあります。

HKKBには大きく分けて日本語配列と英語配列の2タイプがあり、それにくわえて日本語配列はかな文字がキーに書かれていないため普段かな入力をしている人には不向きではないかと思います。

ほかにもHKKBは一般的なキーボードのキー配列とちょっと違う部分があり、これに関しては慣れかキーボード設定を変えるなどの対処が必要になるかもしれません。

 

f:id:hatemani:20171112131549p:plain

 

この画像を見てもらうとお分かりになるかと思いますが、HKKBは一般的な日本語配列のキーボードと比べてみるとキー配置が違うところにあります。

一般的にCaps Lockキーがあるキー配置にControlキーがあり、そしてControlキーが本来ある場所にFnキーが配置されいるのです。

 

 

まとめ

 

今回はおススメキーボード第2弾『HKKB』の紹介でした。

以前紹介した『REAL FORCE』と似た点や違う点のほか、特徴的な部分での紹介となりましたが、もしHKKBを今後購入を検討しているという人の参考になればと思う、くー。なのでした。

 

 トップ画像提供元かわいいフリー素材集 いらすとや