はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

【衝撃の連続】東証一部上場した『いきなり!ステーキ』食べに行ってみた

f:id:hatemani:20170927124318p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

今回はニュースを元に実際行ってみたレビュー系の記事となっています。

そんな行ってみた先は、まだまだ実績が伸びていることで話題になっている立ち食いステーキの『いきなり!ステーキ』です。

 

news.livedoor.com

 

 

東証二部から一部に移行する勢い

『いきなり!ステーキ』に実際行ってみた

 

 

ニュースでも取り上げられていましたが『いきなり!ステーキ』は2013年12月創業からいまだに成長を続けている立ち食いステーキチェーンのお店です。

 

具体的に言うと、2017年5月1日に東証二部に上場したと思ったら約3ヶ月後の8月15日に東証一部に移行するという、創業4年目とは思えない偉業を成し遂げました。こんなに短期間で東証一部に移行とかスゴイとしか言いようがありません。

 

今回はそんな人気がおとろえない『いきなり!ステーキ』に実際食べに行ってみることにしました。

 

 

 

いきなり!ステーキに行ってみて気付いたこと

 

今回行ってみた『いきなり!ステーキ』のお店は以前通りすがりに見たときに長い行列になっていたため、12時前くらいにやってきました。

 

その日は以前小話で登場したDさんと一緒でやってきたのですが、このときまだDさんの身にあんな危険なことが起きるとは思ってもみませんでした・・・(詳しくは後で書いていきます)

 

 以前書いたDさんの体験エピソード

www.hatemani.com

 

いきなり!ステーキの特徴的な注文システム

 

f:id:hatemani:20170927122745p:plainf:id:hatemani:20170927122811p:plain

 

話は戻りまして、今回自分とDさんは初めて来店ということで店員さんが『いきなり!ステーキ』の注文について説明してくれました。

 

『いきなり!ステーキ』ではメインとなるお肉はカット場に直接注文しにいくという形式で、サイドメニューなどを案内されたときに注文するというものです。

カット場にテーブル番号が書かれたカードを持っていって注文するこの流れは、ホームページには『オーダーカットシステム』を導入しているという内容で紹介されていました。

 

『いきなり!ステーキ』ではグラム単位での量り売りがされており、メニュー表にもグラム単位での値段が書かれています。行った日がちょうど東証一部上場記念でリブロースステーキが通常1g7.5円が6.8円の感謝価格として普段よりお手ごろになってました。

 

リブロースステーキがいつもより安いということもあり、とても魅力的だったんですが自分はワイルドステーキ300gを注文することにしました。

初めてだからあんまり冒険したくないなって思ったのは自分だけではなかったのか、Dさんもワイルドハンバーグを注文。お互いそわそわしつつ料理が来るまで待つことになりました。

 

 

来店しているお客さんの客層にもビックリ

 

そわそわしながらの待ち時間はちょっと店内をぐるりと見ていました。

当初、立ち食いステーキチェーン店ということもあって自分はお店に来るまではサラリーマン系などの男性客が多いイメージがありました。

 

しかし、実際来店してみるとファミリー客や女性客もそこそこ目撃する状況でした。

 

特に衝撃的だったのがショッピングなどを楽しむようなオシャレな格好をした女性客の方でした。

それも女性二名で来店という光景に「すごいな、いきなり!ステーキ・・・」と失礼ながらも数秒の間、目を離せませんでした。

 

 

Dさん危機一髪!卓上の意外な伏兵に衝撃走る

 

待ち時間は一般的な外食店よりも早いという話でしたがそれでもあるのが待ち時間です。

この日は日中暑かった日だったこともあり、Dさんは水をたびたび飲んでいました。

 

「水おかわり頼むのかなー?」と自分はおかわり用の水を探していたら、ここでDさんは机の上にあるポットに手を伸ばしました。

 

f:id:hatemani:20170927135641p:plain

Dさんが手を伸ばしたポットは

\ステーキ用ソース/

 

 

「Dさんちょっと待った!!!」

 

ちょうどDさんからの角度からラベルが見えていなかったため、自分が止めに入らなければ大惨事になるところでした。

ほかの同系列のお店も同じかは分かりませんが、一応確認はしておいたほうが良いかもしれません(お冷がソース味になりませんように!)

 

 

ワイルドステーキ食べてみた感想

 

f:id:hatemani:20170927140908p:plainf:id:hatemani:20170927140928p:plain

 

カット場へ注文に行ってから大体10分後。やってきました、ワイルドステーキ。

 

好みの焼き加減に調整しつつ、先ほどのハプニング元であるステーキ用ソースをかけての実食です。

食べる前に肉汁の跳ね返り防止の紙エプロンをして、パクリ。

 

う、ウマすぎる・・・!!

 

あまりのおいしさに語彙力低下がヒドイ状況でしたが、油っぽい見た目に反して食べてもクドくない肉。

ライスやサラダなしの肉と付け合せのコーンのみの食事でしたが、コーンだけでも問題ないくらい味に油っぽさなどが感じられませんでした。

 

Dさんのワイルドハンバーグも同じような感じだったらしく、ソースにつけて食べることで違った味を楽しめていたようです。

そのあと、Dさんは「肉の臭みがなかったのもあってあんなに食べれたのかも」という感想をもらいました。なるほど、そういうのもあるのか。

 

15分程度でペロリと完食し、焼肉などを食べた後の胃の重たさはまったく感じられませんでした。

むしろまだこの後にほかのものを食べられるくらいの勢いで、値段に対してこの味だったらまた行ってみたいと思うくらい満足のいった食事でした。

 

おそらくこうやってリピート客が増えていき、業績もずっと右肩上がりなんでしょうね。

 

 

業界初!肉マイレージカードの存在

 

f:id:hatemani:20170927143111p:plain

 

満足で終わった『いきなり!ステーキ』ですが、会計でこんなカードももらいました。

 

肉マイレージカードという食べたステーキの量がそのままマイレージになり、一定のg数に達するとランクアップするというカードです。

ランクアップすることで特典がもらえるという面白いシステムになっています。

 

そのなかにはメルマガ会員になることで受けられる特典もあり、何度も通う予定がある人なら作っておきたいカードとなっていました。

 

 

まとめ

 

以前から人気のある『いきなり!ステーキ』に実際行ってみた印象や感想などをまとめてみました。

まだ1回行っただけですが、また行ってみたいと思えるおいしさと値段でしたね。次はリブロースステーキにチャレンジしてみるのもアリかなと思う、くー。なのでした。