はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

ツイッター文化がインスタに?増える『手書きツイート』の理由を考える

f:id:hatemani:20170517173807p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

最近インスタ映えなどインスタグラムに関する話題がよく取り上げられています。今回

見つけたニュースでは『手書きツイート』という新しい潮流が女子高生の間で生まれた

という興味深い内容を取り上げられていました。

 

news.livedoor.com

 


インスタだけどツイート?

ツイッター文化からの流れ

 

 

ニュースによるとツイッターでひとつの文化となった手書きツイートがインスタグラムに

持ち込まれ、新しい潮流として生まれたとのこと。

 

手書きツイートはもともとツイッターでよく見かけるものだったのがインスタグラムでも

最近多く投稿されるようになりました。

 

個人的には投稿する選択肢が増えたという印象なのですが、なぜインスタグラムでそんなに

話題になっているのか気になりました。

 

 

活字だらけの中にある手書きの味わい

 

スマートフォンの普及もあり、近年文章を自分の手で書く機会が減りました。そのため

文字を読むことができても書くことができない、なんていう体験をした人も多いでしょう。

 

かくいう自分もキーボードをメインに文章を書いているため、あらためて手書きをする

という機会が少ないです。それにあまり字に自信がない身としてはキレイで読みやすい

活字のほうが読み手としてはありがたいだろうとも思っています。

あと手書きとキーボードでは手の疲れも文字ができあがるスピードも違います。そういう

点でも速さや読みやすさ重視だとどうしてもキーボードに頼ってしまうところがあります。

 

しかし手書きは手書きの良さがあり、筆跡でその人を感じることができるため今回のような

手書きツイートが文化として新しい場所で根付くのは良いことだと思います。

 

お店などで見かける手書きのPOPなど手書きの文字には何かしらの魅力があります。

それは今では活字だらけになった世の中だからこそ感じるのかもしれません。

 

自分は手書き・活字どちらにも良いところがあり、残念なところもあると思います。

手書きは書き手を感じることができるものの、その文字の上手さや読みやすさが求められて

いるところがあります。逆に活字は文字が読みやすいものの無機質さを感じるところが

あります。

 

今回の手書きツイートが話題になったのも活字だらけの無機質なものから手書きにある

温かみを感じたいからなのかもしれません。昔より周囲との交流が少なくなった世の中を

考えると、誰もがどこかで温かみを感じたいと願うのもおかしくないような気もします。

 

 

まとめ

 

手書きは書き手を感じる手段のひとつでもあります。今ではメールなどの発達で手紙を

手書きを書く機会もかなり減りました。しかし手書きだからこそ相手のことを知れることも

あり、数が減ってはいても全てなくなることはないと思います。そういうことからも手書き

だから感じれるものを大切にしたい、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム