はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

増えるニオイに苦しむ人々。無意識にスメハラしてないか考える

f:id:hatemani:20170521193210p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

東京都心では16日連続雨という夏とは思えない不安定な天気が続いてますね。日照時間も

減っていることから野菜の値上げがまた起きないか心配な今日この頃です。

 

 

さて、今回はもしかしたら誰もが無意識に振りまいているかもしれない、香りに関する

気になるニュースについてお話ししようかと思います。

 

news.livedoor.com

 

 

人工香料で体調不良に。公害ならぬ『香害』

 

 

ニュースによると、洗濯時に多くの家庭が利用している香り付き柔軟剤や夏場によく利用する

制汗剤などに含まれる香料が原因で体調不良になるケースが増えているとのこと。

 

香り付き柔軟剤は近年商品数も増え、それにともなって利用している方も多い日用品だと

思います。これまでに制汗剤や文房具といった日々使うことの多いものに香りが付いた

ものが発売されており、特におかしいと思った方は少ないでしょう。

 

しかし香り付きの商品が増えたことで、これまで以上にニオイに関する『スメハラ』被害

増えてきているのです。今回はそんなスメハラについて調べてみました。

 

 

 

 

強い香りや長持ちするなど商品増加で増える香りによる被害

 

現在さまざまな需要のために多種多様な香水や柔軟剤、制汗剤などが販売されています。

そのためどこへ行っても何かしらの人工的なニオイがあり、その環境から逃げることが

困難な状況にあります。そんなニオイに関する問題は近年スメハラことスメルハラスメント

として徐々に認知されるようになっています。

 

 

大きな影響を与えるスメルハラスメント

 

スメハラとは体臭や口臭、香水などのニオイによって周囲を不快にさせること指す言葉です。

近年認知度と共に関心度が高くなったミドル脂臭や加齢臭、月経時のニオイなど体臭によって

頭痛・めまいなどの体調不良になるケースがあります。症状の酷い場合、ニオイに耐えかねて

会社を辞めようとも考えてしまうくらい深刻な問題です。

 

 

スメハラの多くは無自覚で起きているという恐怖

 

しかしここで問題なのはニオイの元となる本人がスメハラに気付いていないケースです。

人間の嗅覚は個人差があることからそのニオイに対して『良い香り』と思う方もいれば

『嫌なニオイ』と感じる方もいるわけです。そのためスメハラは本人が意図していない

ところで実は迷惑がかかっていたというケースが多くあります。

 

 

デリケートな問題だからこそスメハラ対策に細心の注意を

 

このようにスメハラは本人が認識していないところで発生することが多いため対策をするのに

難しい問題です。というのも個人を特定してスメハラの改善を求めた場合、パワハラや

セクハラなどのまた別の問題に発展する可能性があるからです。

 

想像してみてください。普段どおり普通の生活をしていたら、ある日職場の上司や学校の

先生に呼び出されて「ニオイがキツくて苦情が出ている」なんて言われたら。

 

当人自覚があるならまだしも、まったく自覚がない状態で言われたらショックですよね!

人にもよるかと思いますが今後それをずっと引きずってしまい、ちょっとしたトラウマに

なってしまうかもしれません。

 

そのためスメハラに関しては個人を注意することを避け、全体に問題提起をしてスメハラの

改善に取り組むことが大切です。デリケートな問題ということからどうすれば良いか

分からないという方向けの関連書籍も出版されていますので気になる方はちょっと読んで

みてはいかがでしょうか?