はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

ただのビニール袋と思いきや!猛毒持ちで危険なカツオノエボシ

f:id:hatemani:20170522175524p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

そろそろ夏の帰省ラッシュがはじまりそうな時期ですが、週末は台風の影響で移動が大変に

なるかもしれないそうです。帰省ラッシュだけでも大変ですが、悪天候による影響も考えて

おいたほうが良いかもしれないですね。

 

 

さて、今回は夏になると行く方も多いであろう海に関わる気になるニュースを見つけたので

それについてお話ししようかと思います。

 

news.livedoor.com

 

 

海水浴で注意したいクラゲ『カツオノエボシ』

 

 

ニュースによると、この夏の時期にたまに浜辺で青いビニール袋のようなカツオノエボシ

という猛毒のクラゲが落ちているというツイートが話題になっていたそうで、見た目は

ただのビニール袋だけれど触ったら大変なことになることが書かれていました。

 

海水浴などで海に行く方はご存知かと思いますが、浜辺にはいろんなものが打ち上がっている

ことが分かります。海藻や貝殻、角が取れた色ガラスなど内容もさまざまです。そんな

中にクラゲも見かけることがあるもののひとつで、あのプニプニ感から子どもながらに

突っついてみたという方もいるのではないでしょうか?

 

今回話題になったカツオノエボシもちょっとした好奇心で触ってしまいがちな見た目をして

いるため、改めてカツオノエボシについて調べてみました

 

 

 

 

カツオノエボシの別名は電気クラゲ

 

カツオノエボシはカツオが本州の太平洋沿岸に到来する時期に海流に乗ってくることと

浮き袋がまるで烏帽子のような形状をしていることからカツオノエボシと呼ばれるように

なりました。別名電気クラゲとも呼ばれますが、これは刺されたときの痛みが電気を受けた

衝撃のようなものという例え話のため、カツオノエボシが電気を発することはありません。

 

そんなカツオノエボシはパッとみた感じはビニール袋やクラゲなのですが、実はヒドロ虫の

仲間で1匹と思いきや実は複数のヒドロ虫が集まっている群生性のクラゲなのです。

 

 

アナフィラキシーショックで死ぬ恐れもある

 

カツオノエボシは触手に非常に強力な毒をもっており、その強さは刺される電気が流れた

ような激痛でこれが電気クラゲと呼ばれる所以でもあります。二度目以降刺されると

アレルギー反応の一種であるアナフィラキシーショックを起こしてショック死する可能性も

あり大変危険です。

 

 

楽しい海の記憶が悲しい記憶にならないように

 

このように海には危ないものをあり、うかつにも手を出すことはとても危険です。楽しい海の

記憶が悲しいものにならないためにも身の安全に注意しながら海を楽しんでくださいね。

 

ちなみにカツオノエボシに万が一刺されてしまった場合海水で洗い流してタオルなどで

手で直接触らないように触手を取り除きます。その後、氷や冷水で刺されたところを

冷やしながら急いで最寄の医療機関に治療を受けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

ということでそろそろ帰省ラッシュが始まり、行く方もいらっしゃるであろう海に関する

話でした。海って今ではいろんなものが浜辺に打ち上がっていますよね。貝殻とかなら

まだ良いんですが、なかには危ないものもあるので海に浮かれて勢いで触ってしないよう

気をつけたい、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ