はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

副菜の定番ひじきが危険?!ひじきに含まれるヒ素の対処方法

f:id:hatemani:20170716203219p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

今回は普段副菜などで食べる機会があるひじきに関する気になるニュースを発見しました。

その内容というのがひじきに含まれる『ヒ素』に着目した話となっています。

 

news.livedoor.com

 

 

ひじきに含まれるヒ素の危険性について

 

 

ニュースによると副菜などで古くから食べられてきた海藻類であるひじきが2004年7月に

英国食品規格庁からある勧告が出されていたとのこと。その内容というのがひじきは健康を

害する『無機ヒ素』が多く含まれている食品のため食べないほうが良いというものでした。

 

ひじきは黒く艶のある髪を作るために良いと言われたりミネラルを含む海藻類というところ

から自分も気にして食べている食べ物です。今回はそんなひじきに含まれるヒ素の対処方法に

ついて調べてみました。

 

 

 

ひじきとヒ素の関係

 

ヒ素は知っている方も多いかと思いますが農薬などに使用される有毒な成分です。そんな

ヒ素がひじきに多く含まれており、この文だけ見ているとひじきは食べ物じゃないと思って

しまいますよね。しかし日本人は古くからひじきを食べ続けてきた歴史があり、ひじきを

食べてヒ素中毒で死亡なんていう話は聞いたことがありません。

 

なぜこれまでヒ素中毒で健康被害の報告が出ていないかといいますと、普段日本人が食べて

いるひじきの量が関わっています。ニュース記事にはそのことについても触れられており、

平均的な日本人の食生活でのひじきの摂取量が1日0.6g程度に対してWHOが定めた

無機ヒ素の耐用摂取量は体重50kgの方で1日4.7g以上と書かれていました。

 

平均的な量の約8倍のひじきを毎日食べ続けるというのはなかなか難しい話ですよね。

このようなことからもひじきには無機ヒ素が含まれているものの、大量に食べ続けなければ

健康に悪影響がないということが分かります。

 

 

 

それでも気になる人向けにひじきのヒ素対処方法

 

ひじきを大量に食べなければ健康に悪影響がないという話があったものの、やはり有毒な

ものが含まれている食べ物を食べるのは嫌だという方もいらっしゃるかと思います。

 

そんなヒ素が気になるという方におススメな対処方法があるのでもし自宅でひじきを調理する

というときに利用していただければと思います。

その方法というのは実に簡単な方法で、ひじきを30分水浸し、戻し水を捨てて水洗いをする

というもの。

 

それだけ?!と思われそうですが、ひじきに含まれる無機ヒ素は水溶性で水に溶け出す性質を

持っています。そのため水に戻すことでひじきに含まれる5割程度のヒ素を取り除くことが

できます。ほかにも『ゆで戻し』や『ゆでこぼし』といった調理方法を使うと無機ヒ素は

8割、9割程度に減らすことができることが農林水産省の発表で分かりました。

 

詳しい内容に関しては農林水産省の下記のページと記載されているリーフレットを見て

いただけると分かりやすいかと思います。

 

出典:ヒジキに含まれるヒ素の低減に向けた取組:農林水産省

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_as/maff_hijiki.html)を元に作成

 

 

まとめ

 

ひじきといえば髪を黒くしたりミネラル豊富な海藻類ということもあって食べるように

心がけているという方もいらっしゃるかと思います。といっても今回の話のようにある

食べ物の食べ過ぎによって身体に害をするという話はよくある話です。何ごともバランスよく

丁度良い塩梅でやっていくことが一番なんだなと改めて感じた、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ