はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

設置広がる宅配ボックス!そこに子どもが閉じ込められる事故発生

f:id:hatemani:20170519190416p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

以前、数ヶ月前から宅配便のサービスが変化してきた記事を書きましたが、その関係で注目を

集めている宅配ボックスが違う意味でニュースになっていました。

 

宅配便のサービス変更について書いた記事

www.hatemani.com

 

 

 

 

www.sankei.com

news.livedoor.com

 

 

需要広がる宅配ボックスに閉じ込め事故が

 

 

最近ネット通販利用者の増加で宅配便のサービスも変化し、共働きの家庭が多いことからも

再配達減少目的の宅配ボックスの需要が増えてきています。この需要を受けてなのか、

あるニュースでは宅配ボックスの設置の一部を補助する地方自治体の話が書かれており、

今後宅配ボックス設置が拡大しそうだと感じました。

 

しかし、その一方で宅配ボックスで遊んでいた子どもが鍵が掛かってしまい出られなくなった

という事故も数件発生しているというニュースも発見しました。

 

 

 

 

かくれんぼで宅配ボックスに隠れて出られなくなった事件

 

あるひとつの事例では、7歳の男の子がかくれんぼで遊んでいたところマンションの

エントランスに設置されている宅配ボックスに入って隠れていたら何かしらの原因で鍵が

掛かって外に出られなくなってしまったというのです。

 

かくれんぼで隠れるときには皆さんも小さい頃は意外なところに隠れようと頭を働かせて

遊んでいたかと思います。なのでこの宅配ボックスに隠れようとする男の子の気持ちも

分かります。皆さんも小さい頃に変なところに隠れて怒られたという記憶はありませんでしたか?

 

 

宅配ボックスが使用用途以外によって大事故になることも

 

宅配ボックスは物を入れて保管する目的で設置されていることから人が中にいるというのは

なかなか想像しにくいものですよね。そのため早期発見も状況によっては困難になることも

ありえるでしょう。

 

そして荷物を入れるくらいのスペースに人が入って閉じられていることを考えると、特に

今の暑い時期では宅配ボックス内の温度が上昇して熱中症に発展する可能性も考えられます。

 

むかしと違って遊ぶ場所が限られてきていることもあり、なかなか子どもが遊ぶのが難しい

環境にありますが、お子さんがいる保護者の方には十分気をつけていただきたい話ですね。

 

 

まとめ

 

宅配ボックスは不在することが多いという方にはおススメの設備です。しかしその一方で

お子さんが事故に巻き込まれる可能性もありますので、お互い注意して宅配ボックスを

利用したい、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ