はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

日清商品から汁なしシーフード登場!即席カップめんについて

f:id:hatemani:20170704093615p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

暑さの次は台風登場と夏を感じるものが増えてきた今日この頃ですが、まだ夏は始まった

ばかりなんですよね・・・。引き続き体調管理などに気をつけてまいりましょう。

 

 

さて、今回はここ最近ブームになった汁なし麺のカップ麺が登場するという気になる

ニュースを見つけましたのでそれについてお話ししようかと思います。

 

news.livedoor.com

 

 

カップヌードルに汁なしシーフード登場!

 

 

ニュースでは日清食品から7月17日から湯切りをして食べる汁なしカップ麺が発売する

ということが書かれており、これまでとは一味違ったシーフードヌードルを楽しむことが

できるようです。夏は焼きそばの需要が特に高い時期であることもあって、パッケージには

 

汁なしシーフード シーフードヌードル味焼きそば

 

と書いてあったり。まぁ確かにこれまでと違うシーフードヌードルが楽しめそうですね。

また、今年で5回目となる辛口な『レッドシーフードヌードル』も同日発売するとのことで、

こちらも暑い夏にピッタリですね。

 辛すぎなのは苦手な自分ですが、汁なしシーフードはこのニュースを見て是非とも買って

食べてみたいと思いました。

 

ということで今回は今では現代社会では欠かせない食べ物にもなった即席カップめんに

ついて調べてみました。

 

 

 

 

即席カップめんの登場は約半世紀前のこと

 

現在でも有名な話ですが、即席カップめんは大手メーカーである日清食品が1971年に

発売した『カップヌードル』から始まりました。

 

 

 

即席カップめんは欧米での光景をヒントにスタート

 

カップヌードル誕生のキッカケは日清食品創業者の安藤百福氏がチキンラーメンの売り込みの

ためロサンゼルスに赴いたときのことです。今では当たり前のことと思うかもしれませんが、

現地では日本のように麺を入れるどんぶりや箸はなく紙コップにチキンラーメンを入れて

フォークで食べていました。

 

当時のことを考えるとカルチャーショックが起きていそう光景ですが、この『インスタント

ラーメンを容器に入れて食べる』というものがその後のカップヌードル開発の重要なヒント

となったのです。

 

 

意外な場所から全国に広まった即席カップめんという存在

 

そしてカップヌードルは予想外のところから全国に広がっていきます。当時のことを覚えて

いるという方もいらっしゃるかもしれませんが、カップヌードルが発売した翌年の2月、

『あさま山荘事件』が起きたのです。

 

あさま山荘事件は当時テレビ中継されており、ちょうど寒い時期に雪の中でカップヌードルを

食べる機動隊員が映っていました。これをキッカケにカップヌードルは一気に全国に知れ

渡り、現在のように日本だけでなく海外でもさまざまなメーカーから多くの即席カップ

めんが登場していったのです。

 

 

発売からさまざまなタイプが登場

 

即席カップめんは現在ではラーメン・焼きそば・うどん・そば・スパゲティなど、麺類で

あればほぼあるんじゃないかというくらいの種類があります。地域に分けて味を変えて

発売している商品もあれば、地域限定商品や有名店の味を再現する商品などその商品の

多様化は消費者としてもすごいことだと感じています。

 

  

以前記事にも書きましたが、糖質制限ダイエット向けに良い即席カップめんもあるなど、

いろんな需要に対応する商品がさまざま発売されていることが分かります。

 

 

 糖質抑え目な即席カップめんについても書いた記事

www.hatemani.com

 

 

非常用の食糧としても使えるけれど他の備えも

 

さまざまな種類のある即席カップ麺はお湯があれば食べられるという点から非常食としても

重宝します。しかしライフラインの影響でお湯を沸かすことができない場合もあるため、

非常時にお湯を沸かす簡易ガスコンロや水などをあらかじめ備えておく必要があります。

 

近年大規模な地震が続いていることもあり、災害対策として改めて非常用の確認をするのも

良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

即席カップめんは海外でも広く食べられているということもあり、いろいろ重宝されている

食べ物です。しかしその反面、栄養の偏りがあることでも知られており即席カップめんだけを

食べ続けることは健康を害する可能性が高いため、栄養バランスに気をつけて適度に食べて

いきたいと考える、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム