はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

今日からスタート!ヤマト運輸が配達時間帯の指定枠変更

f:id:hatemani:20170519190416p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

もう6月かーとか言っていたのにもう下旬に差し掛かっていることに驚いている今日

この頃ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、今回は以前から何度も報道されていた宅配サービスの縮小が今日から始まるという

ニュースを見つけたのでそれについてお話しようかと思います。

 


www.nikkei.com

 

 

 

ヤマト運輸、配達時間帯の指定枠変更

 

 

ニュースではヤマト運輸が本日19日から『配達時間帯』の指定枠を変更することが

報道されており、しばらくこの変更内容に慣れるのに時間がかかるかもしれない内容と

なっていました。

 

ヤマト運輸のサービス内容縮小については以前『当日の再配達締め切り時間』が変更された

ことでもカナリ話題にもなりましたし、今回の配達時間帯の指定枠の変更についても

「ついに来たのか」という感想を持った方も少なくはないと思います。

 

まぁサービス内容縮小の理由となる人手不足や長時間労働の改善は良いことだと思うので

これに関しては仕方ないことだと個人的には思っています。

 

 

 

 

変更になった宅配時間帯の指定枠について

 

で、そんな変更になった配達時間帯についてはヤマト運輸のホームページ内のお知らせに

書かれていたのでそちらか引用しますと以下のようになっています。

 

配達時間帯の指定枠の変更(平成29年6月中)

(1)「12時から14時」の時間帯指定を廃止します。
(2)「20時から21時」の時間帯指定を廃止し、「19時から21時」の時間帯指定を新設します。
※発送時のご指定の場合に加え、再配達時のご指定の場合も、同様に時間帯の指定枠を変更します。

出典:宅急便のサービス内容の変更について | ヤマト運輸http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_170317.html

 

この変更によって以前はお昼の時間帯になかなか休憩が取れなかったであろう従業員ー

特にドライバーさんの休憩時間を確保、そして最終指定時間が2時間に延びたことで

特定の時間帯に荷物が集中しないようになっています。

 

個人的には昼の休憩時間の確保がこれまでを考えるとカナリ労働条件が良くなったように

感じます。そう考えるとお昼になかなか休憩が取れない接客業の方々には頭が下がる思いで

いっぱいになります。こんなところでなんですが、本当にいつも有難うございます。

 

 

ちょっと番外編:宅配ボックスの需要増加について

 

www.asahi.com

www.asahi.com

 

ヤマト運輸のサービス縮小を受けてなのか、宅配ボックスの需要が高まっているニュースも

発見しました。宅配ボックスは再配達を減らすためにも有効なため、駅やコンビニなどへの

設置が増えてきています。

 

ニュース記事には宅配ボックス設置で宅配便の再配達の割合が49%から8%に下がった

という内容も書かれていることから宅配ボックスの個人宅での設置はカナリ有効なんじゃ

ないかなぁという印象があります。

 

宅配ボックスは保冷できて容量も結構あるタイプもあったので、仕事などでなかなか荷物を

受け取れないという方は宅配ボックスを利用してみるのもアリなんじゃないかなぁと。

 

 

 

 

まとめ

 

ネット通販利用者が増加したことで宅配業者への負担はかなりのものだと思います。今後も

宅配業者のサービス変更があると予想されますが、利用者の一人としてこの変更内容を

受け入れようと改めて思う、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム