はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

一足早く収穫開始!夏が旬のトウモロコシについて

f:id:hatemani:20170522164620p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

ここ最近夏向けのニュースが多く見かけるせいか、自然と記事の内容も夏向けの内容と

なっていたりします。

今回もそんな夏が旬の野菜についてのニュースがあったので、これに関するお話をしようと

思います。

 

www3.nhk.or.jp

 

 

一足早くトウモロコシの収穫開始

 

 

ニュースによると本格的な夏を前にして千葉県の山武市ではトウモロコシの収穫が始まった

そうで、8月上旬までおこなわれるということが書かれていました。

 

トウモロコシの旬は7月から8月ということもあり、ちょっと早い収穫となっていますが

旬の時期に消費者の食卓に並ぶようにすることを考えるとナルホドと思いました。

 

ということで、今回はそんなトウモロコシについて調べてみました。

 

 

 

 

 

世界三大穀物のひとつ『トウモロコシ』

 

トウモロコシはイネ科の一年生植物で穀物として食料になるほかに油が採れたりすることから

多くの国で栽培されている穀物です。品種改良などによって多くの品種があるトウモロコシ

ですが、日本で一般的にトウモロコシというとスイートコーンを指すことが多いですね。

 

さまざまな加工ができるトウモロコシ

 

トウモロコシは茹でる・焼く・蒸すなど調理法が多く、コーンフレークなどの加工食品の

原料にもなるうえにコーン油やコーンスターチなどの原料になると汎用性が高い穀物です。

 

海外ではトウモロコシを主食としている国もあり、家畜の飼料で利用することも多い

ことから生産量も多く『世界三大穀物』として有名です。近年はトウモロコシを原料にした

バイオマスエタノールの需要によってトウモロコシ需要が増加したという話が話題に

なりました。

 

 

地域によってバラバラ!名称が多いトウモロコシ

 

トウモロコシはメキシコやアメリカ中心で栽培されていますが、日本に伝わってきたのは

16世紀ごろといわれています。トウモロコシという名前は中国・唐から伝わったことで

名付けられた名前ですが、地域によって呼び名がさまざまある穀物だったりします。

南蛮黍(なんばんきび)や高麗黍(こうらいきび)など地域によって呼び方が全然違う

というなかなか面白いエピソードですよね。

 

トウモロコシの栄養

 

トウモロコシは糖質が主成分であることから野菜の中ではカロリーが高い野菜です。しかし

糖質だけでなくビタミンB群やカリウムマグネシウムなどのミネラルも豊富なため、

実は栄養価の高い野菜でもあります。

 


北海道産とうもろこし ゴールドラッシュ(L~2Lサイズ×10本)

 

 

まとめ

 

トウモロコシは夏の焼いたものや茹でたもののイメージが強いですが、ポップコーンや

コーンフレークなど季節に問わず食べることができる穀物です。それでも旬の時期は

手軽に食べられる分、ついつい手が伸びてしまうことが多いので、カロリーが高いことを

念頭に入れて食べようと考える、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ