はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

後部座席のシートベルト未着用対策に!警告装置設置が義務付けへ

f:id:hatemani:20170505135518p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

今回は乗用車に関する義務が増えるというニュースを見つけたのでそれについてお話し

しようかと思います。

 

 

後部座席のシートベルト未着用を警告する装置

 

 

ニュースでは国土交通省が自動車メーカーに対して、後部座席のシートベルト未着用の場合

ランプとブザーで警告する装置の設置の義務づけを決めたと書かれていました。

 

シートベルト着用の義務化は車の事故による死亡事故などを減らすためですが、義務化されて

しばらく経過した現在でもシートベルト未着用による死亡者が多いことが警察庁から

報告されています。

 

その内容としては去年一年間で発生した車の事故の中で後部座席で亡くなった人の7割は

シートベルトが未着用だったというものがあり、このような現状を考えて今回の決定が

なされたのかもしれませんね。

 

ちなみに、助手席に対しても警報装置の設置の義務付けもする方針もあるようで、今後

全座席に対してシートベルト着用を徹底する考えがあるという内容も書かれていました。

 

 

 

 

シートベルト着用の義務の流れについて

 

日本ではシートベルト着用に関しては道路交通法によって定められており、1971年に

運転席と助手席のシートベルト着用について努力義務を課すようになりました。それが

1985年に改定道路交通法によって運転席と助手席で義務化され、2007年には後部

座席も着用することが義務化されました。

 

運転席助手席のシートベルト着用に関してはもう30年も経過してることもあり、ほとんどの

方が認識していると思います。後部座席に関しても年齢に合わせたチャイルドシートの登場も

あり、こちらもまた多くの方が認知している話だと思います。

 



既に警告装置が導入済みの車も

 

ニュースではSUBARUの一部車種以外に警告装置の設置が導入されており、後部座席の

シートベルト未着用の場合ブザー音やランプによってシートベルト着用を促すように

なっています。

警告装置設置の義務付けによってこれからの車はこのような警告装置設置が当たり前に

なってくるみたいですね。

 

まとめ

 

今では車に乗るときの義務としてシートベルトの着用がありますが、この義務が始まったのが

30年くらい前だったということに驚きました。シートベルトはできるだけ事故による

被害を減らすためにも必要なものなので面倒と思ったとしても命綱のようにしっかりやって

おかないといけないことを改めて感じた、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム