はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

特許問題の今後も気になる!トマトジュースについて

f:id:hatemani:20170609172148p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

今回は野菜ジュースのひとつ・トマトジュースに関する気になるニュースを見つけたので

それについてお話ししていこうかと思います。

 

www.yomiuri.co.jp

mainichi.jp

 

 

トマトジュースに関する製法の特許問題

 

 

ニュースによるとトマトジュースの製造技術の特許が絡んだ訴訟が起こり、結果として

提訴した側の勝訴になったとのことでした。

簡潔に書いてしまうと特許がらみの問題かと思ってしまいますが、トマトに関する食品

メーカーとして有名な『カゴメ』がこちらもまた飲料メーカーとして有名な『伊藤園』が

申請した特許について提訴したというとなかなか話が大きなものと感じてしまいますね。

ただ、普段聞く裁判とはちょっと違う感じの内容なのです。

 

今回の裁判は伊藤園が特許として申請した『トマト以外の野菜汁や果汁を配合しなくても、

濃厚な味わいでフルーツトマトのような甘みがあり、酸味も抑制できる技術』が問題と

なっています。この特許に対してカゴメ側が「濃厚の味わいといった具体的な定義が不明

なものだと特許は無効なのでは」と特許庁に主張したという内容でした。

 

ここまで見ると『特許は明確なものじゃないと認めちゃアカンのじゃない?』というカゴメ

側の親切心のような感じにも見えます。まぁカゴメの得意分野のトマトに関する内容だから

こんな話になったという可能性も大いにありそうなんですけどね。

 

ということで今回のニュースで取り上げられた、トマトジュースについて調べてみることに

しました。

 


伊藤園 理想のトマト (紙パック)200ml×24本

 

 

 

 

 

トマトジュースは健康に良い栄養が豊富

 

トマトジュースはその名前の通り、トマトを加工して作られたジュースです。

日本農林規格、いわゆるJAS規格には「トマトを破砕して搾汁し、又は裏ごしし、皮、

種子等を除去したもの又はこれに食塩を加えたもの」または「濃縮トマト(食塩以外の

ものを加えていないものに限る)を希釈して搾汁の状態に戻したもの又はこれに食塩を

加えたもの」と定義されています。

 

 

トマトジュースといえば、やっぱりリコピン

 

トマトジュースの原料であるトマトに含まれるリコピンは今では広く知られるようになった

強い抗酸化作用がある天然の赤い色素です。トマト以外でもスイカやピンクグレープ

フルーツにも含まれていますが、やはりトマトが有名ですよね。

 

リコピンβカロテンなどの同じカロテノイドの中でも特に抗酸化作用を持っています。

具体的にはβカロテンの2倍以上でビタミンEの100倍にもなるくらいの抗酸化作用が

あるとのことで、リコピンを効率的に摂取して生活習慣病や肌の美容対策として期待されて

います。

 

リコピンを効率的に摂取するにはトマト加工食品がおススメ

トマトに含まれるリコピンは熟成が進むほど含有量が多く、熟成が進んだ状態で加工される

トマト加工食は生食用のトマトよりリコピンが豊富に含まれています。また、毎日継続して

リコピンを摂取したい場合、生食用のトマトを毎日食べるのはなかなか難しいですよね。

そのためリコピンが豊富に含まれているトマトケチャップやトマトジュースなどの加工食品を

使って手軽にリコピンを摂取するほうがおススメなのです。

 

 

リコピン以外にも健康のために重要な栄養素もあるんです

 

トマトといえばリコピンというイメージが強い分、その陰に隠れがちな栄養素もあります。

その栄養素は『カリウムという人間にとって重要な成分です。

カリウムとはナトリウムつまり塩分を身体の外に排出してくれる成分で、摂取することで

高血圧予防や身体のむくみの改善・予防などの効果があります。日本人の食生活は塩分を

摂りすぎる傾向にあることが知られていますが、このカリウムはそんな日本人には嬉しい

栄養素なんですね。

 


カゴメ トマトジュース 食塩無添加 200ml×24本[機能性表示食品]

 

 

まとめ

 

ということで特許問題で取り上げられたトマトジュースに関するお話でした。トマト

ジュース、というよりトマトがメインな話だった気もしますが主原料なので仕方ない。

トマトジュースはサラッと飲めるので好きなのですが、トマトって意外と嫌いな方が

多いですよね。それでもこれまた意外なのはトマトケチャップは大丈夫という話です。

何がダメなのか謎なところもありますが、トマトケチャップもリコピンが豊富に含まれて

いますし、トマトジュースがダメならトマトケチャップでリコピン摂取も良いのではと

思う、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ