はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

JASRAC問題続報!ヤマハなどの音楽教室側が集団訴訟へ

f:id:hatemani:20170519155118p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

以前記事に取り上げたJASRACのお話の続報が入ったので、今回はそれについて

取り上げようと思います 。

 

 

 

 

 

問題が起きたときの話について

 

日本音楽著作協会・JASRAC音楽教室に対して著作権料を徴収する

という話によって波紋が広がっている問題です。

この問題に対して音楽教室大手のヤマハJASRACへ提訴したことで

今後の音楽に関する著作権の扱いがどうなってしまうか目が離せない

ニュースとなっています。

 

当ブログ内記事:JASRAC問題・著作権を巡って気になる今後

 

以前の記事を書いたときはJASRACが音各教室に対して著作権料を徴収するという

方針に対して大手音楽教室ヤマハが提訴をするという状態でした。

 

hatemani.hatenablog.com

 

続報として入ってきたニュース

 

今回は提訴する側である音楽教室側に関する続報がニュースに書かれており、ニュースの

内容を引用すると以下のようなことが書かれていました。

 

 ヤマハ音楽振興会など約340事業者でつくる「音楽教育を守る会」(東京都)は

30日の総会で、「教室での演奏には著作権が及ばない」としてJASRACへの

支払い義務がないことの確認を求める集団訴訟を起こす方針を承認した。

出典:音楽教室側、JASRAC集団訴訟へ 200社超参加か (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000079-asahi-musi

 

headlines.yahoo.co.jp

 

これまではヤマハ音楽教室からの訴訟で進むかと思っていたところが、音楽教室の関係者が

多いことが予想される「音楽教育を守る会」での集団訴訟へ変わり、一気にその規模が

大きいものになりました。

 

正直大手のヤマハ音楽教室が訴訟という話だけでも結構大きなことではないかと個人的

には思っていたのですが、それ以上のものがやってきて更にビックリしてしまいました。

 

こういう訴訟問題に疎い自分ではありますが、約340事業者で構成する組織から

聞くと以前よりJASRACへ訴訟する規模が大きくなったように感じます。

 

まだ準備などの関係で本格的な訴訟は時間がかかると思いますが、今後もこの問題に

ついてしっかり見ていこうと思います。

 

 

まとめ

 

音楽教室大手のヤマハからの訴訟から始まったJASRAC著作権問題ですが、今回

ヤマハを含む規模の大きい団体での集団訴訟へと発展するかたちになりました。訴訟から

集団訴訟となったこともあり、音楽教室の勢いが今後どうなるかカナリ気になる、くー。

なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ