はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

立命館大学の論文が炎上!pixivのR-18小説無断使用で非難殺到

f:id:hatemani:20170517173807p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

最近驚きのニュースが頻繁に起きていますが、今回紹介するニュースもかなり驚きの内容に

なっています。誰か止める人はいなかったのか・・・と正直絶句してしまった、ある大学の

論文に関するニュースです。

 

headlines.yahoo.co.jp

www.excite.co.jp

 

 

論文炎上

 

 

簡単に説明すると立命館大学の論文内で取り上げられている内容がいろいろツッコみどころが

満載だった、という話になります。

これまでさまざまな炎上問題がありましたが、今回の炎上はどこまで話が広まってしまうのか

判断できないくらい難しい問題になりそうな気がします。

 

 

 

 

 

論文炎上の経緯とその内容について

 

事の発端は5月24日に開催された「2017年度 人工知能学会全国大会」にて論文が

立命館大学の方が発表したことから今回の炎上問題は始まりました。その論文というのが

「ドメインにより意味が変化する単語に着目したわいせつな表現のフィルタリング」

というタイトルのものです。

 

 

炎上となった論文について

 

その論文の概要にはWeb上で投稿されているものには青少年にって有害な情報もあること、

わいせつな表現は直接な表現ではなく暗喩で表現されており、フィルタリングが必要である

ということが書かれていました。

 

ここまで見てみると、たしかにその考えは理解できる内容です。しかし、そのフィルタ

リングの手法の研究対象として使用された作品が今回問題となっています。

 

 

今回炎上した内容について

 

この論文でフィルタリングの研究対象として使用された作品はイラストや小説を投稿できる

SNSサイト『pixiv』にある「女性に人気ランキング」上位10位のR-18小説を

研究対象として使用されたというものでした。

論文内にはその使用した作品のリストも添えられており、作品名や作品のURLや作者名も

記載されていたのです。

 

 

炎上した理由について

 

今回この炎上が起きた理由は複数あるため、とりあえず簡潔に箇条書きにして理由を

書き出すと、こんな内容になっています。

 

  1. 研究対象とした作品が掲載されているpixivの利用規約の禁止行為に該当
  2. 研究対象の著作者への精神的な負担
  3. 研究対象の著作者のプライバシー問題

 

 

 補足しながら炎上理由の説明

 

論文内で取り上げられている研究対象の作品はpixivに掲載されている作品です。

pixiv利用規約第13条の禁止行為の項目にはこのようなことが書かれています。

 

2.本サイト及び関連サイトにアップロードされている投稿作品の情報を、当該著作者(創作者)の同意なくして転載する行為。

4.当社もしくは第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、第三者への不当な差別を助長し、又はその名誉もしくは信用を毀損する行為。

13.人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現を使用する行為。

出典:[pixiv] pixiv利用規約https://www.pixiv.net/terms/

 

まず第一に禁止事項にも載っていますが、今回研究対象とした作品の著作者に事情説明や

利用許可申請もなく無断に論文で公開をしたことが炎上した理由のひとつです。

 

もともとpixivは会員登録が必要なサイトであり、未青年がR-18作品の閲覧が

できないようにフィルタリングがされています。そのフィルタリングされている中から

わざわざ10本小説をピックアップして研究対象とした点も「有害なもの」として取り

上げていることも疑問視されています。

 

pixivに投稿されている作品の多くは趣味の範囲で書いた作品です。なかには密やかに

個人的な趣味として作品作りをしていた方もいらっしゃるでしょう。そんなひっそりとした

隠れ家で楽しんでいたところをいきなり公開されて傷つかない人はいないと思います。

 

そのため論文発表者のモラルを疑う声も多く、今後この問題がどんな形で終えるのか

とても気になる話となりました。

 

ちなみにpixivの公式ツイッターアカウントではこのようなツイートをしており、

論文の発表元である立命館大学に対して経緯と事情関係の確認などを要請しているとのこと。

 

 ※Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載しています

 

 

まとめ

 

まさか趣味で書いていたものを突然おおやけの場に出されるなんて誰が想像したでしょうか。

そして研究対象とした作品数も10本と少なく、正確に情報を得られるかも難しいのでは?と

感じてしまう内容でした。今回無断に作品を公開されたことで創作活動を諦める方もでてくる

かもしれません。今回の炎上問題はさまざまな問題がはらんでおり、いろんな方面に影響が

及ぼしそうな気がして今後が心配になる、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ