はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

JASRAC問題・続報!京大HPの式辞は引用と判断

f:id:hatemani:20170519155118p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

数日前に投稿したJASRAC関連の記事に関わる続報が入ってきたので、今回は

それについてチラッとお話ししたいと思います。

 

以前著作権を巡って問題が起きたことを書いた記事

hatemani.hatenablog.com

 

 

先週書いたJASRAC(日本音楽著作権協会)の音楽の著作権問題で取り上げさせて

いただいた、こちらのニュース。それに関するニュースの続報を見つけたので一緒に

ご紹介しようと思います。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

今回の話を改めて書かせていただきますと、京都大学の入学式での式辞の中にある音楽の

歌詞や日本語訳を一部引用して書かれていたことを受けて、JASDAC側が著作権

使用料を請求しているというニュースがありました。

その式辞に書かれていた歌詞の量は式辞全体を考えると一部であり、最後にその歌詞の

出典元も記載されていたため、これに関して疑問視する声が上がっていたというものです。

 

で、その次の週となる今週に今回の記事のタイトルにもなっている、JASDAC側が

京都大学に対して著作権使用料を請求しないというニュースが出てきました。

 

その内容としては5月24日にJASDAC理事長が定例記者会見で今回の件に関して

京都大学のホームページに掲載されている式辞内の歌詞を引用として判断し、著作権

使用料を請求しないと明言したというものでした。

 

これに関してJASDAC側としては日常業務のひとつで、外部から京都大学のホーム

ページ内にある式辞の歌詞が問題ないか連絡があったとのこと。その連絡から京都大学に

確認がいったということで、先のニュースの一部を否定した会見だったとか。

 

 

今では情報が流れるスピードがとても速くなっていることから内容の取り違いだったの

かもしれませんが、まぁとりあえず著作権料を払わないで終わったことは良かったと思います。

このことを考えると、どのくらいだと引用・著作権料徴収か明確な判断基準を設けたほうが 

 こういう外部からの問い合わせが減るんじゃないかなぁと感じました。

まぁそんな簡単にできるかとかは分からないんですけどね。ただ、ある程度判断できる

ような決まりがあると、今後良いのではないかなぁと思いました。

 

 

まとめ

 

とりあえず京都大学の式辞内の歌詞は引用と認定されたようで、まず良かったなぁという

気持ちになりました。ニュースからいろいろ書いている身としては著作権関係の話は

いろいろ気になる問題でした。そういう面でも成長していきたいなぁと痛感した、

くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ