はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

山や森以外でも注意!多発しているクマ被害

f:id:hatemani:20170522120122p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

日中30℃を越える日が最近続いて常時涼しい風に当たっていたい今日この頃ですが、

皆さんどうお過ごしでしょうか?

 

 

さて、今回は最近立て続きに起きている、恐ろしいニュースについてお話ししようと思います。

 

headlines.yahoo.co.jp

www.sankei.com

 

 

クマ被害

 

 

山菜採りシーズンであることも重なってなのか、最近クマに人が襲われる被害が何件も

発生しています。

山や森以外でも自宅玄関前にクマが現れて頭や首などを噛まれて重症になるなど人里にまで

クマが下りてきて被害が出ているという衝撃的なニュースです。

 

野生のクマが人里にまで下りてきたという事実に山が近い地域の人には気が気でない

心境でしょう。そんなこれまであまり見かけなかったクマの行動はクマのエサが不足して

いることに関わっているようなのです。

 

クマの生態について①クマの種類とエサ

クマは日本には本州にツキノワグマ、そして北海道のみヒグマが生息してます。

ヒグマは川でシャケなどの魚を獲って食べていますが、本州に生息しているツキノワグマ

食べ物の9割以上は山菜や木の実などの植物です。そのためこれらの主食にしている食べ物が

不作の場合にはクマはエサを求めて山から下りてきます。

これのクマのエサ不足による状況が人と接触する確率を高くさせ、最近のような被害が

多発しているというわけです。

 

クマの生態について②クマは逃げたものを追いかける

クマは本能的に自分に対して背を向けて逃げるものを追いかけるという習性があります。

そのため万が一クマに遭遇してしまった場合に、一目散に逃げるのは大変危険な行為です。

クマともしも遭遇してしまったら、クマと目をそらさずに静かに後ずさりしながらその場を

ゆっくり去るようにしましょう。

 

クマの生態について③クマには死んだフリは有効?

よくクマに関する話に死んだフリをしたらやり過ごせるという話があります。しかし、

実際にはこれは専門家の話によると効果はあまりないため、やらないほうが無難かもしれません。

 

一番大切なのはまずクマに遭遇しないよう工夫すること

クマは大きな音が鳴っているのを恐がるため山などに入るときはクマ除けの鈴をつけて

入るようにしましょう。また、クマの足跡などを発見した場合、クマが近くにいるかも

しれないためその場から離れることも大切です。

ほかにもクマが食べ物を狙ってやってくる可能性があるため持っている荷物の中に食べ物が

あれば外に匂いが漏れないようにして食べ残しやゴミをその場に放置せずにしましょう。 

 

 

 

また、ほかのニュースではクマに8回襲われたものの生還したという研究者の方に

インタビューしたものもあり、その中にはクマ撃退スプレーなるものがクマ対策として

推奨されていました。

このニュースで初めて見ましたが、虫除け以外にもクマ除けスプレーもあるんですね・・・

あとその研究者の方が書いた関連の書籍があるのでクマ除けスプレーと一緒に載せて

おきますね。

 


カウンターアソルト CA290-熊よけスプレー ストロンガー 専用ホルスターセット 02919【COUNTERASSAULT】モチヅキ 熊よけ 熊撃退 登山用品 アウトドア用品 サバイバル用品【RCP】

 


【新品】【本】熊が人を襲うとき 事故はどのように起き、進行するのか。助かる方法とは? 米田一彦/著

 

www.asahi.com

 

 

まとめ

 

クマも自然界の中で生きることに大変なんだなぁと思いつつも、これまでの被害を

考えると山や森などに行く場合にはクマと接触しないための対処をしっかり準備して

おかないといけないなぁと感じた、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ