はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

新種発見!?・・・でもそれ皆知ってるサザエですよ?

f:id:hatemani:20170521104215p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

本格的に暑い日が続いて季節は夏なんじゃないかと思ってしまう今日この頃ですが、皆さん

しっかり水分補給などしてますでしょうか? こう暑いと一足早く海とかプールに入りたい

などの欲が出てきちゃいますね。

 

 

さて、今回は日本では古くから食べられている貝が実は「新種」だったという驚きの

ニュースが出ていたのでこれに関する話をしたいと思います。

 


www.sankei.com

 

 

日本で知らない人はほとんどいないサザエが新種?

 

 

日本では国民的アニメのタイトルにも出てくるサザエが実はこれまで学名がなかった

「新種」であることが判明したというものでした。

 

 

いやサザエって誰もが知ってるやつじゃん!

なのに新種っておかしいじゃん!

 

 

ニュースを見つけて最初にそんな気持ちになりましたが、調べていくとそんな風な発表に

なったのにはいろいろ理由があったことが分かりました。

 

 

 

 

 

学名がないと正式に認知されない?!

 

新種発見となると新しく見つけ出されたときのことを多くの人がイメージしそうなものです。

しかし、国際動物命名規約という規約から見ると、新種として学名が記載や命名されなければ

生物学上には正式に認知されたことにならないというのです。名簿に登録しないと認めて

あげない、というかんじですかね?

 

 

同じと思っていたら実は違った別種だったサザエ

 

サザエはこれまでは1786年にイギリスの学者が命名された中国の別種ナンカイサザエ

Turbo cornutusと同じものだと考えられていました。しかしナンカイサザエと日本沿岸で

獲れるサザエは貝の特徴が異なるため、簡単に見分けることができるのです。

 

そこからさまざまなサザエに関する文献を精査したところ、1848年に調べていた学者が

間違えて同じものだと認識してしまい、これまでそのまま来てしまったなどの事実が分かり、

日本沿岸で獲れるサザエには正式な学名がないことが判明したのでした。

 

そこで今回この発見をした岡山大の福田宏准教授がTurbo sazaeという学名を付け、サザエは

『新種発見』のニュースになったというわけです。

 

 

 

まとめ

 

よく知られているものが実は学名がなかったという衝撃的な話でしたが、でも皆が知っている

なら既にあるよねって思っちゃいますよね。そんなまさかがありえちゃう世の中なので

ホント現実は小説より奇なり、としみじみと感じた、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ