はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

取り間違えによる食中毒に注意!スイセンとニラ、見分けられます?

f:id:hatemani:20170516151837p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

少し前に有毒植物の誤食についての記事を書きましたが、最近関連したニュースがまた

出てきたので再度記事に取り上げようかと思います。

 

hatemani.hatenablog.com

 

 

 

で、そのニュースというのが「ニラと卵のスープ」を調理実習で食べた生徒が食中毒症状が

現れて病院に搬送されたというものでした。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

スイセン類は全国で観賞用として栽培されている以外に野生化しているため日本全国に

広く分布している植物です。そのため花が咲いていない時期にニラと間違えられやすく、

昨年長野県では小学校で間違えてスイセンの鱗茎を食べた児童が食中毒になるという事件も

起きています。

 

 

 

 

 

スイセンとニラの違いって?2つを見分ける方法

 

それでニュースではスイセンとニラの見分け方について保健所からの話を紹介しており、

このような見分け方があるとのことで、引用しますと

 スイセンとニラの見分け方について同保健所は、

(1)スイセンの葉には臭いがないが、ニラには特有の強い臭いがある、(2)スイセンの葉は中央が浅くくぼんでおり、ニラは平たくやや厚みがある、(3)スイセンには鱗茎(りんけい、球根)があるが、ニラにはない――と説明。十分注意するよう呼び掛けています。

スイセンとニラ見分けられる? 相次ぐ食中毒で注意呼びかけ (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000014-wordleaf-soci

 

 

臭いや葉っぱの厚みの違いなど知っていれば結構分かりやすい判別方法があるのでこれは

助かりますね。ちなみに鱗茎はイメージだとチューリップとかの球根のようなもので、

地下茎の一種です。

 

 

やっておきたい、取り間違え防止対策①

 

このあたりの話をみると、家庭菜園で観賞用の植物も一緒に育てていると今回みたいな

スイセンとニラを間違えて取ってしまいそうで恐いですね。

見分けることが出来る人なら良いかもしれませんが、毎回収穫する人が同じというわけでは

ないとなると自己防衛のためにも分けて栽培しておきたいものです。

 

 

やっておきたい、取り間違え防止対策②

 

当たり前のことかもしれませんが、食べられるものか判断できないものは絶対に食べない

ということです。ちょっとした不安があったら止めましょう。それかちゃんと見分け方

について書かれた本などを見て確認してから食べましょう。今では見分け方から食べ方まで

書かれた多くの本が出版されていますし、確認してから食べても遅くはありません。

自分の身体のためにもちゃんとそのあたりをしっかりやっておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

よく似た植物や魚介類などがありますが、似ているけれど 毒があるというものも珍しくありません。

そのためしっかり見分けるための知識が必要なんだぁと改めて感じた、くー。なのでした。 

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ