はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

変えただけでPC疲れ激減!おすすめキーボードREALFORCE

f:id:hatemani:20170511140517p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

 

本日2つ目の記事となりましたが、タブレットに外付けできるキーボードのニュースを

見つけて、アレを書こう!と思い立ったので書いちゃいました!

 

www.asahi.com

 

 

PCの必須アイテム『キーボード』

 

 

それはパソコンを使う人なら必須アイテムといっても良いくらいのアイテムです。自分も毎日

パソコンを使っているのですが、キーボードがないと長文書くのがものすごくツラく感じる

くらい重要アイテムとなっています。

(スマホよりキーボードで打つのが楽です。フリック式だと誤入力しまくりなんで)

 

今ではタブレットの普及が広まったおかげでパソコンよりコンパクトなタブレットを

使っているという人も多いのではないでしょうか?スマホとケータイの2台持ちがある世の中

ですし、ノートパソコンとタブレットの2台持ちをしている人もいるかもしれませんね。

 

そんなタブレットには文字入力をするためのキーボードが大体付いてないのですがこの

ニュースを見てみるとキーボードが外付けできるものが今後発売するとのこと。

 

自分はタブレットを持っていないのですが、持っている人たちを横目に見ているときは

スマホみたいにタップしながら文字を入力するのが面倒そうだなぁと思っています。

 

まぁ慣れの問題なんでしょうけどね!

なんでもそんな感じな気もするけど

 

 

 

さて、話は戻りまして、むかしキーボードを使って文字を打っているとすっごく疲れるなぁ

感じることがたびたびありました。

自分はこれまでこれは多分パソコンの作業のやりすぎとずっと思っていたんですが、実は違う

ということが肌で感じることが起きたのです。

 

 

 

 

キーボードを変えるだけですべてが変わった!

 

f:id:hatemani:20170511144340p:plain

 

これは今自分が使っているキーボード

東プレのREALFORCEっていうやつです。

 

身内でキーボード打つのが疲れるという話をしたときに『こういうものがある』とおススメ

されて色々調べて検討した結果、実際に購入したキーボードです。

 

最初は普段よく使うテンキーがないのタイプだったんでどうしようか悩んだんですが、USBで

繋げる電卓をテンキーの代用として採用したことで事なきを得ました!

 

ちなみにこういうテンキーありのタイプもあったんですが、諸事情でテンキーなしのタイプを購入したと

いう裏話があったりします。

 

 

 

あとこれまでういうものにお金をそんなにかけてなかったタイプだったんで、最初は

スゴく心配でした。だってこれで疲れ減らなかったら損じゃん!って感じで。

 

しかし今回杞憂に終わって

ちょっとお高い買い物な気がしたけど買ってよかった!

 

って思えるくらい良いキーボードでした。もう1年くらいは使っているかと思うんです

が、以前のキーボードと全然違うんですよ。

 

 

買ってよかったメリット①長時間使っていても疲れない!

 

買って良かったメリット、もう一度言います。

 

長時間文字を打っていても手が疲れない!

まずはこれがREALFORCEのキーボードを使って一番良かった点ですね!

 

 

で、なんでそんなに長時間文字を打っていても手が疲れないかといいますと、東プレの

キーボード(REALFORCE)についてのページでこんなことが書いてあります。

 

静電容量無接点方式を採用、疲れにくく耐久性に富む。

出典:キーボード(REALFORCE) | 電子機器関連製品 | 製品情報 | 東プレ株式会社

http://www.topre.co.jp/products/elec/keyboards/index.html

 

ううん?なんだかちょっと難しいことが書いている

気がするけどコレって一体どういうことなんだろう?

 

いろんなキーボードについて調べている中で目に留まった『静電容量無接点方式』

キーボードについて調べていって知りましたが、これは一般的にキーボードで広く

使われているキースイッチ『メンブレン』とは違うキースイッチの種類でした。 

 

 

キースイッチの種類①メンブレン

単純な仕組みでできているキースイッチ。安価なキーボードの多くはこのメンブレンを

採用しています。ちなみに自分が以前使っていたキーボードもメンブレンでした。

 

キースイッチの種類②静電容量無接点方式

静電容量の変化をスイッチとして利用している一般的にイメージするスイッチとは

違うキースイッチ。電気回路だけで構成されているため、メンブレンなど別のキー

スイッチよりもかなりの耐久性を備えている。

 

 

ふんふん、壊れにくい理由は分かったぞ。

それで疲れにくいっていうのはどういうことなんだ?

 

従来のキーボードとは違う内容に自分は東プレのキーボードについてのめり込むように

調べだしていました。その中で東プレのサイトにキーボードの特長が書かれているページが

あったので一部引用して書いておきますね。

 

キーボード(REALFORCE)特長

スイッチ方式:

信頼性と耐久性に優れています。静電容量方式(無接点)

キーを押す重さ:

指の負担が少なく疲れにくい設定です。

主要部が45gで小指入力するキーの一部は30gになっています。

キーを押す感触:

なめらかな感触です。

押し込む必要がなく、荷重は全ストロークに渡って自然に変化します。

キーの形:

高速入力に適した形です。

横から見た形が指の動きに合わせて列毎に異なるステップカルプチャータイプです。

出典:特長 | キーボード(REALFORCE) | 電子機器関連製品 | 製品情報 | 東プレ株式会社

http://www.topre.co.jp/products/elec/keyboards/features.html

 

つまりREALFORCEはキーの重さが一部軽い設定にされていたり指の動きに合わせた

仕様になっていたりと、とにかく打ちやすさを考えた構造ということ。

 

なんだか難しいことも書いてあるけれど、とにかく 

打ちやすさに特化しているキーボードってことです!

 

ということで、打ちやすさと疲れにくさを求めていた自分はこのときREALFORCEの購入に

至ったわけです。



買って良かったメリット②重量感からある意外なメリット

 

で、実際に使ってみた感想なんですが、このREALFORCEのキーボードはこれまで

使っていたキーボードより結構重かったんですよね。

 

最初持ち運びが不便だなーという気持ちしかなかったんですが、それが今では逆に

メリットになることがありまして。改めて買って良かったと思いました。

 

それが

この重さが逆に重石のようになって、文字を打っていても

キーボードが全然ズレない

ということ。

 

 

以前のキーボードだと文字を打っていると最初置いてあった位置から徐々に移動していって

しまうという事態がたびたび起きていました。

 

しかし、キーボードをREALFORCEに変えてからはキーボードの場所をいちいち戻さなくて

良いという予想外のメリットにさらに愛着が湧きました!

 

 

まとめ

 

今回はパソコンで文章を毎日打っている身としておすすめな東プレのREALFORCEの話でした。

キーボードはほかにもキースイッチの種類があり、スタイルに応じて使い分けることができます。自分は消耗品として扱うより、長く使い続けたいタイプなので本当にこの

キーボードには重宝しています!多少は個人差もあるかと思いますが、毎日タイピングに

疲れを感じるなぁという人はぜひREALFORCEを試してもらいたいと強く思う、くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム