はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

住宅火災や山火事で消えない煙など、恐ろしい火事の原因

f:id:hatemani:20170510090938p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

最近天気がコロコロ変わるのでどうしたものかと感じる今日この頃ですが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

自分はあまり温度変化が激しいと身体がついていかなくなるので早く落ち着いて

もらいたいと思いでいっぱいだったりします。

 

いやホント勘弁してください(切実に)

 

 

 

さて、それはさておき、皆さんも連休から数日経ったところで普段のペースを

取り戻しつつある頃だと思います。

そんな数日前、ちょうど連休終了あたりの頃に発生した山火事がやっと鎮火した

というニュースを見つけました。

 

 

といっても、続けてほかの場所でも山火事が発生していることもあり

全然安心できない状況にあります。避難所で生活を余儀なくされている人も

多くいらっしゃるとこのことで、改めて火事の恐ろしさを感じました。

 

www.jiji.com

 

 

 

火は毎日の生活に欠かせないものですが、燃えるものがあると一気に

広がってしまうのでこういうことがあると特に火の取り扱いについていろいろ

考えてしまいます。

 

山火事も恐ろしいですが、住宅火災も最近続いていることもあり、ちょうど

今の時期は火事が発生しやすい状況にあるのがよく分かります。

 

mainichi.jp

 

 

ということで、今回は最近発生が多くなってきている火事の原因について

調べてみました。

 

 

 

 

 

火事の原因について

当たり前のことではありますが、火事は火が起きることで近くにある燃えるものに

燃え移って延焼してその規模が大きくなっていきます。

そのため出火の原因である火と火が着きやすい状況が問題になります。

 

 

火事の主な出火原因

主な火事の原因には火の消し忘れ関係で挙げられるたき火・タバコ・コンロ

あります。外部からの問題として放火もありますが、近年では意外な出火原因として

電気ストーブや電子レンジなど電気製品の不具合があります。

 

意外な出火原因いろいろ

ほかにもペットボトルやメガネなどのレンズになりうるもの太陽の光の当たる

角度によって焦点を結んで発火してしまうというものも。

 

www.sankei.com

www.yomiuri.co.jp

 

身近な火事の危険!トラッキング現象

電気製品の不具合に関連にトラッキング現象があります。

トラッキング現象コンセントをつけっぱなしにしている状態ですき間に

ホコリがたまり、そのホコリが原因で発火してしまう現象です。

人がいるいない関係なく発火してしまうおそれがあるので、普段からお手入れを

するなど気を配る必要があります。

 

www.yomiuri.co.jp

 

ちなみに、いちいちホコリを取るのが面倒という人向けの電源タップもあります。

以前はコンセントを挿すタップそのままのものばかりでしたが、今では電源タップに

シャッターが付いているタイプのものが目にすることが多くなりました。

 

このシャッター付きの電源タップはシャッターがあることで普段ホコリがたまりやすい

状態を防いでくれます。このタイプを使ってトラッキング現象による発火対策すると

いうのも有効的な方法だと思います。


ELECOM 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付

4個口 2.5m ホワイト T-K6A-2425WH

 

 

あと普段使っていないコンセントやタップにフタをしておいて使うときだけ外す

という方法もあり、そういうグッズも販売されています。


ホコリ・湿気によるコンセント火災を防ぐ!

スマイルキッズ セーフティプラグコンビ 10個入り AKN-0510

 

乾燥は肌や喉の敵だけじゃない!

空気の乾燥は肌や喉などに大きな影響を与えることで知られていますが

ほかにも空気が乾燥していると火が消えにくくなるという特徴があります。

そのため乾燥している時期は肌や喉への対策だけでなく、火事にも注意する

必要があるのです。

 

www.asahi.com

 

 

追記)2017.05.11

こんなニュースもありました。

春は枯れ木や草が乾いているものが多く、強風・フェーン現象といった山火事に

なりやすいさまざまな条件がそろっているとのこと。

個人的なイメージなのですが、乾燥は冬を連想してしまい、春はちょっと意外でした。

しかしこのイメージの差がちょっとした不注意を引き起こして大事件に発展するかも

しれないと考えると軽く考えずにしっかり対処しないといけないなと思いました。

 

news.yahoo.co.jp

 

 

まとめ

火は生きていく中で暖や明かりを取るなどさまざまな場面で必要になっている

重要なものです。

しかし、取り扱いを間違えると取り返しの付かない恐ろしいものになってしまう

ことを今回改めて感じました。普段から使っているものからでも意外なところから

出火するケースもあるのでまずは火と電化製品の取り扱いに注意しようと思う、

くー。なのでした。

 

 

画像提供元フリー写真素材ぱくたそ

 

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム