はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

連休あるある。帰省&Uターンラッシュなどで起きる高速渋滞の理由

f:id:hatemani:20170505135518p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

連休第二部もしくは後半となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

5月関連で『五月晴れ』という言葉も世の中にはありますが、ここ数日では初夏の

ような快晴のところもあり、一足早い夏を感じてしまいますね。

 

さて、そんな夏のような日を感じることもある今日この頃ですが、GWも半分すぎた

ところで早くもこんなニュースを発見しました。

 

 

はい、連休のお約束といってもいいほど毎回見られる

 

Uターンラッシュです

 

 

連休、長い休みを利用して里帰り・帰省で都心部から田舎に帰る。

 

そういう人が多いこともあり、自然と普段より長距離移動をする人数は増大。

なのでもちろん連休時には帰省ラッシュUターンラッシュは必ずと言っていいほど

発生してますね。

 

そんな帰省ラッシュUターンラッシュのニュースと一緒に触れられるのが高速の

渋滞情報や新幹線の混雑状態です。

 

ニュースでは今日5日がUターンラッシュのピークとのこと。

誰もが交通渋滞や混雑のピーク時を避けて戻りたいところですが、休みの期間に

よっては難しい、という人もいらっしゃるかと思います。

 

ということで、今回はこのUターンラッシュで起きる、高速での渋滞の発生理由

ついて調べてみました。

 

 

 

 

 

まず渋滞の定義について

渋滞は道路管理者や交通管理者によって定義が違うため、日本全体共通でコレ!

というわけではないみたいです。

調べてみると走行速度が時速20km以下だったり30km以下だったり、渋滞だと

判定する速度がまちまちだということが分かりました。

一般的に渋滞と言われると車が全然動かなくて数珠みたいに連なっているイメージが

ありますが、実際にはそれだけではないということなのです。

 

 

渋滞のパターンについて

 渋滞は自然渋滞・工事渋滞・事故渋滞の3つのパターンに分類することができる。

今回はこの中で自然渋滞についてをピックアップしようと思います。

 

自然渋滞(交通集中渋滞)

車が道路に集中してしまい、そこの道路の交通容量に対して交通量がオーバー

してしまうと発生する渋滞のこと。

今回のテーマである帰省ラッシュUターンラッシュに特に関わる渋滞である。

工事渋滞

道路の工事によって車線が規制されてしまい、普段より道が通りにくくなっている

ことから発生する渋滞のこと。

事故渋滞

交通事故によって突発的に起きてしまう渋滞のこと。ほかにも積雪・台風などの

気象によって起きる渋滞もこの事故渋滞に分類されるとか。

 

 

自然渋滞が発生しやすい理由について

ザグでのブレーキ

ザグとは道路の下り坂から上り坂に差し掛かるところのことです。

このザグという部分は運転者が気付かないうちに速度が低下してしまうことがある

場所です。そうすると自然と後ろからくる車との車間距離が縮まってしまう。

車間距離が縮まれば後ろの車はブレーキをかけて車間距離を空けようとする。

これが次々を起こることで渋滞が発生しやすくなっているというわけなのです。

 

トンネルの入り口付近の問題

トンネルは山間部を通る高速の場合、いくつか通ることがある場所です。

そんなトンネルの入り口付近は暗く圧迫感があることもあり、一時的に速度を下げる

車も出てきます。

速度が下がればザグでの話と同じで車間距離が縮まり、後ろから来た車は次々と

ブレーキを踏んで渋滞が発生してしまうというわけなのです。

 

インターチェンジでの合流部分

インターチェンジは一般道やパーキング・サービスエリアなどから高速の本線に

合流するときにある部分です。

これまで本線で走っていた車の量がインターチェンジから合流しようとする

車によって増えるので一時的に交通容量がオーバーしてしまい、渋滞が発生する

ことがあるというわけです。

 

出典参考:渋滞原因解説 - 渋滞とは?|NEXCO西日本


 

 

まとめ

渋滞は連休の時期にどうしても起きてしまう交通量の増加によって起きるだけ

ではなく、人間の無意識の問題にも関わっていることが分かりました。

無意識となるとなかなか改善が難しいと思いますが、これまでの渋滞情報や今後の

渋滞予想などを調べるなどの下準備をしっかりしないといけないなと感じた、

くー。なのでした。

 

 

 画像提供元フリー写真素材ぱくたそ