はてな@ゆーまに

ニュースで気になったことから色々調べたことをまとめてます

こどもの日には『こいのぼり』!・・・でも何でこいのぼり?

f:id:hatemani:20170426105737p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

 

もう早くも5月 に突入ですね!自分としては五月病とかにならないよう、とにかく

健康に気を遣って毎日過ごそうと思います。

 

そんなときにこどもの日に関するニュースを見つけました。

 

www.excite.co.jp

 

 

そういえばGW中にこどもの日があったなぁ・・・。

(休みのイメージしかなくてすっかり忘れていた)

 

小さいときは結構覚えてたんですけどね、今はもう「休みだー!」で終わっちゃう

んですよねー。歳だな、歳

 

 

よし、それじゃあGW中はこどもの日にちなんだことを調べようかな!

(ものすごく安直である) 

 

そんなこどもの日関連第一弾として今回は、こどもの日に多くの人たちが

掲げている『こいのぼり』について調べてみました!

 

 

 

 

 

こいのぼりって?

 童謡『こいのぼり』にも歌われていて、こいのぼりは日本では馴染み深いものに

なっています。そんなこいのぼりはむかし江戸時代の武家(お侍さんとこの家)で

始まったとのこと。

端午の節句の旧暦の5月5日までの雨の日に男の子の出世と健康を願って家の庭先に

紙や布などに鯉の絵柄を描いて吹流しを鯉の形にしたのぼりだそうです。

 

健康はまぁ分かるけれど、子どものうちから出世も願うってスゴイなぁ・・・。

そういうご時勢だったのかな?

 

で、そんなこいのぼりは本来は『真鯉』と呼ばれる黒い鯉だけだったらしい。

それが時代の流れによって『緋鯉』と呼ばれる赤い鯉『子鯉』と呼ばれる青い鯉

掲げられるようになったいったとのこと。

 

今ではもっとカラフルな色をした鯉が普及してきたこともあって、色のくくりは

あまり気にしていない人も多いのかもしれない。

 

ただ、こいのぼりを掲げる順番は大きいサイズのものから、というのは

あまり変わってないようです。

 

 

のぼりを掲げるようになったわけ

端午の節句では厄払いとして菖蒲を使うことから菖蒲の節句とも呼ばれています。

そんな菖蒲を武家では「尚武(武運・武勇を重んじること)」とかけて男の子の

出世や武運を祈るようになったそうなのです。

 

で、そんな武家では虫干しを兼ねて兜や鎧を出し、玄関に旗印であるのぼりも出して

いたことからのぼりが登場してきたという流れでした。

 

やってたらいつの間にか新しい風習ができたとか面白いなあ・・・。

 

 

なんで『鯉』のぼりなの?

そう、鯉。日本では池で鯉が見られることもあって、結構馴染み深い魚として

知られていますね。特に錦鯉が日本の国魚ということもあって、日本的な面が

見られる魚な気がするなぁ。

 

そんな鯉なんですが、どうやら中国の故事(昔から伝わっている話・事柄)が

理由としてあるようでして、これが鯉になったことに関連していました。

 

中国の歴史書『後漢書』という書物いわく、黄河の急流に竜門と呼ばれている滝が

あった。その滝を多くの魚たちが登ろうとしてみたものの、結局鯉のみが登りきる

ことができ、その鯉は竜になることができたそうです。

 

竜は中国では縁起の良い象徴として知られており、強さや幸運の象徴でもあります。

そのため、この鯉の滝のぼりのエピソードが出世の象徴となり、今にまで続く

こいのぼりが出来上がったというわけなのです。

 

ついでに登竜門もこのエピソードからきているので、いろんな故事成語を調べてみる

のも面白いかもしれない。

 

 

まとめ

こどもの日が近くなるといろんなところで見かけるこいのぼりには子どもの成長を

願う親心がこめられていることが分かりました。

出世は願うだけじゃ難しいかもしれないけれど 

 

今も昔も親が願うことは一緒なんだなぁと改めて感じる、くー。なのでした。

 

 

 画像提供元フリー写真素材ぱくたそ