はてな@ゆーまに

主にニュースで気になったことを色々調べたり考えたりしています

連休は溜まった汚れをスッキリお掃除!お手軽メラミンスポンジを活用しよう!

f:id:hatemani:20170425153847p:plain

 

こんにちはー、くー。です(`・ω・´)

 

待ちに待ったGWがやってきましたが、長い連休にやりたいことってたくさんありますよね。

遊びに出かけたり録画してたテレビ番組みたり・・・。

 

で、世間一般だと皆さんどんな風に過ごすのかなーと調べてみたらこんなニュースを

見つけました。

 

 

www.excite.co.jp

 

 

GWは遊びより休養に

 

 

ニュースによると最大9連休な今回のGWですが大体5日間が主流のようで、多くの人が

今回の連休を休養に充てるということに触れており、 読み進めていくと3分の1の人が

「家の片付け・掃除・洗濯」をするとも書かれていました。

 

たしかに普段忙しくてなかなか片付けや掃除をする時間が取れずについつい先延ばしに

することありますよね。そして掃除に関しては気付いたらガンコな汚れになっていて、

なんてことがあります(実体験)

 

  

ということで今回はそんな連休中のお掃除に活躍しそうなものとしてメラミンスポンジ

について調べてみることにしました!

 

多分商品名のほうが有名なので「なにそれ?」と思う人もいるかもですが、ガンコな汚れを

簡単に落とせてしまう優れもののお掃除グッズです。気になる方は続きをどうぞー。

 

 

 

 

 

メラミンスポンジって?

 

メラミンスポンジはガンコな汚れを洗剤なしで水だけで簡単に落としてしまうお掃除グッズ

です。ここだけで大体どんなものか分かった人も多いくらい、メラミンスポンジは今では

お掃除グッズの定番になりました。

 

今ではホームセンターや100円均ショップなどで手軽に買えるという点も多くの人に

浸透した理由なのかもしれませんね。

 

 

メラミンスポンジってどんなもの?

 

メラミンスポンジは「メラミン樹脂」という原料で作られているようで、イメージは

研磨スポンジという感じですかね?

 

メラミンスポンジは水を含ませて汚れた部分をこすることで表面を磨耗させて汚れを削り

落とすことができる、とのことです。大体の汚れは洗剤などほかの道具を使わないで汚れが

落ちるため、結構助かったという人も多いんじゃないのでしょうか?

(「激落ちくん」の商品名でヒットしたのでそっちのほうが馴染みがあるかも)

 

 

 

メラミンスポンジを使うときの注意したいこと

 

で、そんな万能っぽいメラミンスポンジなんですが、調べてみると気になる点がちょこ

ちょこ見つかりました。

 

 

研磨して汚れを落とす

 

メラミンスポンジは研磨スポンジという話をしましたが、汚れを削って汚れを落としている

・・・つまりヤスリで汚れを削っているようなものだから汚れが付いている部分がもし

柔らかい材質のものだとその部分も削れて傷が付いてしまうっということになります。

 

つまり、何でもメラミンスポンジでゴシゴシするのは難しいってことですね。

 

あと手荒れが気になる人はゴム手袋して使うとイイっぽいです(注意書きに書いてあった)

 

 

メラミンスポンジが使える・使えない場所と物

 

ということで、メラミンスポンジが使える・使えない場所と物を調べてみました。

 

メラミンスポンジが使える場所・物

ガラス類・蛇口・陶器類・タイル・鏡

(※コーティングがされているものを除く)

メラミンスポンジが使えない場所・物

フローリング・樹脂加工された物・自動車の塗装

光沢のあるプラスチック・光沢のあるステンレス

人体・食品・歯(ホワイトニング目的)

 

大体はメラミンスポンジのパッケージの注意書きに書かれているのでそれを見て使用する

のが一番な気がします。

 

とにかくメラミンスポンジは何かしらのコーティングや加工がされている場所や物に

対しては使えないことと、人体や口の中に入るものは止めておこうという感じっぽいです。

 

あと種類も今では増えているみたいで、クエン酸が含まれているメラミンスポンジや

セスキ炭酸が含まれているメラミンスポンジなども発売されています。この種類だと

2つの効果で普段より汚れが落ちやすくなるので掃除もはかどりますね!

 

 

まとめ

 

便利なお掃除グッズも使いどころを間違えると大変なことになるので注意書きや取り扱いに

ついての説明書き部分をしっかり読んでから使わないといけないですね。当たり前のこと

といえば当たり前のことですけど、意外と面倒でスルーとかしちゃいがちな自分なので、

教訓として覚えておこうと思う、くー。なのでした。

 



プライバシーポリシー ・ 免責事項
お問い合わせフォーム